並ぶジャパニーズウイスキー

【高級ウイスキー買取】響 「色絵牡丹蝶図筒形瓶」はいくらで売れる?

「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」をご存知でしょうか。プレミアムウイスキーである響35年が纏うのは、九谷焼とコラボレーションした特別なボトルです。滅多に市場でもお目にかかれない高級ウイスキーですが、その価値や買取の相場についてご紹介します。

2018.12.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

「響35年 色絵牡丹蝶図筒形瓶」について

並ぶジャパニーズウイスキー

日本磁器が誕生して400年を迎えた2016年、サントリースピリッツ(株)より、響35年のスペシャルボトル「色絵牡丹蝶図筒形瓶」が数量限定で発売されました。

35年以上熟成された原酒から作られた響35年が、芸術性の高い久谷焼のボトルに込めらた逸品。

石川県の九谷で作られる「九谷焼」は、骨描きされた下絵に赤・黄・緑・紫・紺青の5色の絵具を使った、豪華で重厚感のある磁器です。

「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」とは?


「響 古九谷写し 色絵牡丹蝶図筒形瓶(こくたにうつし いろえぼたんちょうずつつがたびん)」は、九谷焼の特徴とも呼べる『五彩手』と呼ばれる絵付け方法によって華やかに彩られた色絵磁器のボトルが印象的。

中身は最低35年以上の長期熟成を重ねた響。ミズナラの樽で熟成された、ウッディで濃厚な風味と、フルーティーで繊細な味わい。バランスの取れたエレガントさは、35年の長期熟成ならではの完成度です。



「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」の入手方法


今現在、「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」を入手することは非常に困難です。一般的には、オークションに出品されているものを競り落とすよりほかに手段はないかもしれません。

入手困難で希少であることが、その価値を高めている一因にもなっています。



「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」に定価はあるか?


アルコール度数47%で、700ml入り。オープン価格は700,000円でした。

現在は市場に出回ることはほぼ無く、オークションに出されているものであれば、200万円以上の価格で取引されていることもあるプレミアムウイスキーです。



「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」の買取相場


芸術性も高く、飾っていても絵になる「色絵牡丹蝶図筒形瓶」。コレクター要素も高く、高額での買取も期待できる逸品です。

酒買取の専門業者であるストックラボの鑑定士が算出した現在の買取価格は以下の通り。

ただし、商品の状態や市場での取引相場などによって査定額は変動します。売却を検討しているのであれば、まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。


「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」買取相場


  • ~1,800,000円前後
(※2018年11月現在)

「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」が高額になる理由

九谷焼

市場での取引相場も変動はありますが、相当なプレミアム価格を付けている響35年熟成の「色絵牡丹蝶図筒形瓶」。

買取価格も高値が期待される注目のウイスキーです。

ただ、なぜそこまで高額になっているのか、その理由についてご紹介します。

限定ボトルはコレクター需要が高い


「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」は、伝統的な技術によって作られた九谷焼の色鮮やかなデザインが美しく、コレクターからの人気も非常に高い存在感のあるボトルです。

入手困難な幻のウイスキーですが、ファンであれば是が非でも手に入れたい特別な逸品。需要は常にあるため、買取価格が高額に。



数量限定発売のプレミアムウイスキーである


「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」は、150本の限定販売という超希少なウイスキー。ウイスキーの需要が世界的に高まり、原酒不足が深刻な現在、長期熟成のウイスキーは大変貴重となっています。

さらにアートのようなボトルに込められたことで特別な価値が付加されます。そのことから、買取価格が高額となるプレミアムウイスキーとなっているのです。



世界的にも評価の高い「響」と「九谷焼」


響という銘柄は世界的なコンペティションで受賞を重ねるなど、国外からの人気や評価も高く、中でも「響35年」は、特別に希少なヴィンテージ。

そして「九谷焼」は、石川県の久谷地方で生産される伝統的な陶磁器として知られ、大胆で迫力のあるデザインと、華やかで美しい彩りは日本的で芸術性に富んでいます。

そんなコラボレーションが叶い、国内外から需要がある魅惑的な逸品のため、高額になり得るのです。

他にも知っておきたい「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」のこと

ウイスキーアップ

流通本数が非常に少ないため、市場でも見ることがほぼありません。

ウイスキーファンやコレクターであればぜひとも入手したい幻のウイスキーという存在なので、売るときに高くうるコツや、商品について知っておくと便利です。

付属品が査定額にも影響


「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」は、銘入りの桐箱に入った豪華な装い。さらに、高台に包み布、リーフレットが付いた商品。綺麗な状態ですべてが揃っているのであれば、高価買取にもつながります。

状態を確かめずに長年保管しているという方は、今すぐチェックしてみましょう。



伝統的な文様で描かれた芸術的なボトル


久谷焼のボトルには、「古九谷色絵亀甲牡丹蝶文」と呼ばれる、力強く咲く牡丹と華麗に舞う蝶を亀甲文で囲んだデザインが描かれているのです。

牡丹には幸福や富の意味があり、蝶は長命を表しています。伝統的な文様に、五彩の絵付けが施され、華やかで芸術的な美しさが見事。

まとめ

プレミアムウイスキーの「響 色絵牡丹蝶図筒形瓶」は、現在ほぼ入手が困難な特別な存在。もし売ることを検討しているのなら、一度ぜひ、査定に出してみませんか。

pagetop