ちょっとした工夫で

ちょっとした工夫で"差"が出るブランド古着を高く売却する方法

売りに出しに行くまでに何をしたかで査定額が変わる事がよくあります。今回はそんな、損をしているかもしれない方のために売る時のコツをまとめてみました。

2017.05.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド古着を売るときのコツ


ブランド品は、購入するときには高額だと思いますので不要になったとしても折角なら少しでも高く売りたいですよね。古着とは言え、同じ商品でも人によって買取価格が異なることがあります。それは、売りに出しに行くまでに何をしたかで変わってくるのです。古着の状態や使用歴もありますが、ちょっとした工夫で差が出てくるなんて勿体無いと思いませんか?今回はそんな、損をしているかもしれない方に売る時のコツをまとめてみました。

使っていないものもメンテナンスを心がける


古着は大抵着なくなったものを売りに出すと思いますが、中には未使用の新品の物も含まれているかと思います。袋だけ開封したもののサイズが合わずに着用しなかったものなどは、買取する際に伝えないと着用したものと判断されてしまいます。なので、きちんと伝えましょう。それから、未使用のものでもほこりが付いていたりシワになっていると価格が下がってしまいます。保管の際にも虫食いやシワ予防、日焼け対策などしっかりとしておくことが大切です。日頃から、保管に関してあまり意識していなかった方はメンテナンスもしてみましょう。

付属品やギャランティーカードなどは保管しておく


古着を売る際に大切なのは、ブランドタグやギャランティーカードなどの証明となるものです。正規店で購入したという何らかの証拠がない場合、査定に出すことすらできない場合もあります。また、服とベルトのセット品やキャミソールとトップスのセット品など、何らかの付属付きで購入した場合はその付属品も合わせて持っていくことをおすすめします。一方がかけている場合だと、その分価値は下がってしまう場合がありますのできちんと保管しておきましょう。

きちんと畳んで店舗に持ち込む


服を店舗に持ち運ぶ際に、大きな袋にまとめて入れる方も多いかと思いますが、このやり方はあまりおすすめができません。なぜかというと、まとめて入れることで余計なシワが増えてしまうからです。店舗に持ち込んだ際には服がよれてしまうことも多いでしょう。こうなると査定にも影響してきます。なので、そのまま入れるのではなく一着一着丁寧に畳んでから店舗に持ち込みましょう。見栄えをよくしておくと、普段から丁寧に扱っていると認識され服の価値も上がります。雑に持ち込んだものが普段から丁重に扱われているとは思いませんよね。

小分けにして持ち込む


服を一枚の袋に入れるのではなく、一着ごとに分けて入れるか、もしくは分類ごとに分けて入れましょう。そうすることで鑑定する際の時間の短縮につながります。まとめて袋に入れられているよりも分類されている方が鑑定する際にも見やすいですよね。また、綺麗にしまうことで保管状態も良くなります。見やすく綺麗にしまうことを心がけましょう。手間はかかりますが、着なくなったものを普段からきちんと保管しておく癖をつけておけば比較的スムーズに行うことができますよ。

流行りものはその時に売る


服には毎年流行がありますよね。パンツ一つにしても、スキニーやクラッシュ、ワイドパンツやブーツカットなどがあります。流行している時には誰もがそのアイテムを欲しがりますよね。なので、流行している時に流行りのアイテムを売ったほうが査定も高くつくのです。誰も着ないような服は、売れ残りになる可能性も高いため査定も低くなりがち。なので、流行している時を狙って売りに出すことをおすすめします。アンティークなデザインでも、流行りのアイテムでしたら個性的で新鮮に映りますので、買い手もつきやすいですよ。

シーズン品は、シーズンの少し前かシーズン中に売るのが最適


流行りと似てはいるのですが、シーズン商品ってありますよね。古着を売る際って面倒なので季節品を問わずにまとめて買取して貰いがちですが、そうすると一部の商品が損をしてしまいます。例えば、夏なのに冬の商品を買う方ってほとんど見ないですよね。商品価値はシーズンごとにもあり、夏にコートを売っても買い手が無いため安く査定をされてしまいます。どんなに高品質なコートでも、夏に売れることはありませんので冬に売るより価値は下がります。手間が掛かってもシーズンごとに売りましょう。

査定の際には交渉術も重要


売りに出すまでのポイントはお伝えしましたが、実際に店舗に行ってからも大切なのをご存知でしたか?何も言わずに査定をしてもらうのと、交渉をして査定に出すのとでは価格が変動してくることがあります。まず、鑑定士の方に少し高めの金額を設定して交渉します。この際にはブランドアイテムの平均相場を知ることと、根拠のある価格設定を提示することが大切になります。でないと、信用性を失い価値が下がる恐れもあります。それから、他店舗でも査定をした場合にはその金額を伝えましょう。査定の際の目安になるはずです。

少しでも価値を高めて売りに出しましょう


ブランド品は価値が元々高いですが、方法一つでさらにその価値を高めることができます。普段から意識してこまめに査定に出すなどすると手間も省けるのでお勧めです。古着はついついある程度溜まってからまとめて持ち込むことが多いですが、普段から買い取りに出すように務めているとクローゼットに入りきらなくなることもない上にお小遣いも貯まります。何より、スムーズに不用品を売りに出すことができますよ。是非、できることから実践して買取額を上げてみてください。

pagetop