カールラガーフェルドの格言と歩んできたアイディア溢れる人生

カールラガーフェルドの格言と歩んできたアイディア溢れる人生

ハイスピードでプロフェッショナルな人生を生きたカールラガーフェルド。彼の言葉から読み取れる成功の秘訣と歴史をご紹介します。

2017.02.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若くして華々しい功績を残した幼少時代

  画像出典: unsplash

画像出典:unsplash

カールラガーフェルドは1938年にドイツの北西部、ハンブルクに生まれました。父が乳製品の事業で成功し裕福な家計で育ってきた彼は子供の頃から絵の才能に恵まれており、ファッションデザイナーにも興味を抱いていました。そこで両親は夢を叶えさせるためにパリに送り出します。

1952年14歳の若き彼はパリへと移住。パリではオートクチュール組合が経営する洋裁学校に入学して服作りについて学んでいきます。そこで初めてイヴ・サンローランと出会います。1954年の16歳の時にIWS(国際羊毛事務局)のコンクールが行われ、カールラガーフェルドはコート部門で優勝を収め、イヴ・サンローランはドレス部門で優勝を獲得し栄光を手にしました。

苦悩の末に多彩な才能が開花

17歳からはピエール・バルマンのアシスタントを始めとして、20歳でジャンパトゥのアーティスティックディレクターを務めるなどオートクチュールメゾンで経験を積み上げていくのでした。ところが次第にオートクチュールに対して疑問を抱くようになりデザイナーとしての活動を中断、イタリアに渡ります。彼はフィレンツェで美術史を学ぶことにより建築や絵画、彫刻的センスを取り入れていきました。彼とイタリアンブランドの関係は深いもので数多くのコラボレーションを実現させることとなります。

パリへ戻った彼はフリーランスで活動をするのですが、その多彩な才能が評価され65年にはフェンディのデザイナーに就任。その後クロエでの功績が支持されていき国際的な知名度を築き上げていくのでした。83年にはシャネルのデザイナーへと就任し実力を発揮していきます。

ココ・シャネルの死後、シャネルの衰退を救う

  画像出典: muzul.com

画像出典:muzul.com

シャネルはココ・シャネルの死後に衰退していくのですが、カールラガーフェルドがチーフマネージャーとなったことにより再評価されていきます。ストリートブランドをハイファッションにアレンジするような独特のデザイン手法がココ・シャネルのブランドを強く刺激していき勢いが戻っていきました。新しくアイウェアラインなどが新設することでアクセサリーや香水部門が大成功を収めることとなります。

自身のブランド「カールラガーフェルド」設立

84年には自身のブランドである「カールラガーフェルド」を設立しました。彼のデザインセンスは、ストリートファッションをエレガントに表現するという独特のクリエイティブな世界観があり、シームなしの袖付や軽く丈夫なヘムライン、すっきりとしたレイヤードなど斬新な手法を披露してきました。また、服を皮膚と考えている身体を縛らない着やすい服作りに努めたことで、「重ね着の魔術師」「トータル・ルックの名手」と言われてきました。

それでは、ここからはカールラガーフェルドの残した言葉の数々をご紹介します。


そんなカールラガーフェルドには、これまでに数々の名言と言われるものが存在します。美やファッションに対して強いポリシーを併せ持つ彼の発言は生きていく上でのヒントが秘められており今もなお多くの方に影響を及ぼしています。

服があなたに合わせるのではなくあなたが服の方に歩み寄らなければ

これは彼が一時、体重を100kg超えていた時にディオールのスーツを着たいがためにダイエットに挑戦した時の発言になります。13ヶ月で42kgの減量に成功したことで、美に対する意識が強いことを表しています。

過去に価値を見出さず、常に新しいアイデアを生み出すこと

カールラガーフェルドは過去に価値を見出すことがなく、行動する前に考えることが必要だとしています。自分の成功の秘訣は賢明に働き、常に新しいアイデアを生み出してきたからであり、ハイスピードでプロフェッショナルな人生を生きるのはとても健全なことだと語ります。アイデアは働いている時にこそ浮かんでくるものであり、座って情報を待っていても何も出てこないと発言。彼の人生そのものを表す言葉には説得力が感じられます。

どんなに大きな台風でも、最終的にはすぐいなくなる

  画像出典: unsplash

画像出典:unsplash

彼の座右の銘になります。大きな困難を幾度となく乗り越えてきたカールラガーフェルドならではの名言ですね。

後悔も、人生を味わい深いものにしている

絶え間なく、後ろめたい気持ちにさいなまれてしまう性質の彼が、「これもあれもそれもやるべきだったのにやらなかった」と考えてしまう時がある。しかし、それも人生を味わい深いものにしていると語っています。

努力しなさい。でなければ黙っていなさい。

カールが完璧な母親と呼ぶ、自身の母からの教えで彼は今の彼を作り上げていきました。これは数ある母からの言葉のプレゼントであり、その中の一つです。

まとめ

  画像出典: okudango

画像出典:okudango

いかがでしたでしょうか?カールラガーフェルドは、常に美やファッションに対して努力を惜しむことなくそのセンスを活かして生きてきています。彼にとってはファッションこそが人生そのものなのですね。それを陰ながら支えてきた母親も彼の生命の源なのでしょう。彼が多くの名言を生み出してきたのには、ただひたすら前進してきた中で、自分らしさを築き上げてきたからなのではないでしょうか。

pagetop