国内ブランド&インポートブランド最大70%OFFのサンフェアとは?

サンフェアとは、東京・大阪で年に5回開催される、インポートブランドのバーゲンセールです。その歴史は古く、1964年に第1回サンフェアが開催されてから、現在まで続いています。

販売されているアイテムは、メンズ・レディスウエアだけに留まらず、バッグやシューズ、ジュエリーや革小物。そしてペルシャ絨毯や食品、ワインなど幅広く販売!

それらのアイテムを最大70%OFFで購入できるため、もしかしたら皆さんが狙っているあのブランドもあるかもしれません。その上、サンフェア開催ごとに特別企画が用意され、毎回変化する販売アイテムも多くの参加者を魅了します。

サンフェアにはどうやって参加するの?

続いて、サンフェアの参加方法について解説しましょう。サンフェアに参加するために何も、難しい手続きや審査は一切ありません。

サンフェアホームページにアクセスし、東京・大阪、どちらの会場に行きたいか選択して申し込めば完了です。

(サンフェア公式HP http://www.sunmotoyama.co.jp/sunfair/

後日、登録した住所へサンフェアから招待状が届きます。

上の画像のように、封筒で来ますので絶対になくさないよう注意しましょう。と言うのも、この封筒が入場券だからです。

当日も、封筒が必要になりますので絶対になくさず、そして忘れないようにしましょう。

実際に行ってみた!サンフェアを体験!

さて、タイトルにもある通り、サンフェアへ参加してみました!場所は、有楽町駅から歩いて1分の「東京国際フォーラム」です。

地下2階、ホールEで開催とのことで、筆者は何度もこちらに足を運んでいるのでスムーズに来れましたが、初めての方は迷いやすいと思いますので、早めに来ることをおすすめします。

会場近くなると、スタッフの方が看板や声掛けで誘導していますので、ホールEまでたどり着けば、すぐそこにサンフェア会場が待っています。

もし、会場を見て回る際にバッグや上着が邪魔と感じる場合、事前にスタッフから預かるかどうか?確認されますので、預けると良いでしょう。

預けた後は、出口手前に預けた荷物を回収するスペースが用意されていますので、手荷物や上着無しでスムーズに会場内を回れますよ。

会場突入!初めはレディースアイテムの特設スペース

<(※画像はイメージとなります)>

会場内に突入すると、まず目に入るのがレディースアイテムです。入口近辺には冬が近いからか特設コーナーとして、右を見ればダッフルコートやPコートなどのアウターアイテム。

<(※画像はイメージとなります)>

左を見ればカシミヤアイテム等々が用意されていました。

カシミヤと聞くと、インポートブランドや国内高級ブランドも数十万円近い価格帯ですが、サンフェアは違います。1~2万円台の手頃な価格帯でセーターやカーディガン、またはカシミヤマフラーまでも用意!

コート類が揃うアウタースペースも、20~30万円するコートが最大70%OFFで購入できるとあって多くの方々で埋め尽くされていました。

ジュエリー&バッグがまでも最大70%OFF!?衝撃価格に脱帽

<(※画像はイメージとなります)>

入口を離れ、順路通りに進んでいくと百貨店や高級インポートブランドが並びます。

例えば「アクリス」「トマソ ステファネ」「レナ ランゲ」等々、どれも本来であれば驚くほど高価なブランドです。ですが、それらの高級ブランドも割引されており、筆者自身も驚きを隠せませんでした。

しかし筆者が非常に驚いたのは、ジュエリーやバッグまでも割引で販売されていることです。

<(※画像はイメージとなります)>

「フルラ」「ユーバイウンガロ」「アンドレア マビアーニ」等、世界で名の知れたバッグ達が驚愕のプライスダウン!

中でも「プラダ」のバッグは非常に人気で、50~70%OFFで新品が購入できるとあってか、歩けないほどの人だかりができていました。

そしてなんと!バッグコーナー近くで販売されているジュエリーまでも、割引価格で購入できます。

洋服なら割引も珍しくありませんが、名の知れた高級バッグブランドやジュエリーまでも、割引価格で提供されているのは予想外でした。

メンズコーナーは大人メンズの桃源郷!?見惚れる高級ブランドも割引価格で購入可能

<(※画像はイメージとなります)>

その上、足元を支える革靴やスニーカーといったアイテム達も、購入できますのでビジネススタイルやビジカジスタイルが、サンフェアで完成しますよ!

もちろん、カジュアルアイテムも充実しており例えば「ハイドロゲン」「モスキーノ」と言った、有名カジュアル&モードブランドも揃っています。

また、メンズバッグとして「トゥミィ」や「ハンティング・ワールド」「サムソナイト」も用意。アウトレット店舗で購入するよりも、お得に購入できるのでは?と思うほど、手頃な価格帯でした

メンズコーナーの充実ぶりに、筆者も大満足でしたが…
最後に訪れたあるコーナーが、またしても筆者を驚かせてくれました!

<(※画像はイメージとなります)>

その上、足元を支える革靴やスニーカーといったアイテム達も、購入できますのでビジネススタイルやビジカジスタイルが、サンフェアで完成しますよ!

もちろん、カジュアルアイテムも充実しており例えば「ハイドロゲン」「モスキーノ」と言った、有名カジュアル&モードブランドも揃っています。

また、メンズバッグとして「トゥミィ」や「ハンティング・ワールド」「サムソナイト」も用意。アウトレット店舗で購入するよりも、お得に購入できるのでは?と思うほど、手頃な価格帯でした

メンズコーナーの充実ぶりに、筆者も大満足でしたが…
最後に訪れたあるコーナーが、またしても筆者を驚かせてくれました!

有名ブランド&百貨店オリジナルブランドのバーゲンセール!?

最後に訪れたスポットは、有名ブランド&百貨店オリジナルブランドの大特価セールコーナーです。シーズン遅れやB級品、中にはシーズン真っ只中の旬のアイテムまで、専用スペースにひとまとめにされています。

バーゲンセールと言わんばかりに、通常価格から下げられ、更に30~70%OFFにされていたため駆け込む方が後を絶ちません。

残念ながらメンズコーナーは一握りほどしかありませんでしたが、レディースコーナーは多めに確保されています。もし、型落ちやB級品でも問題なければ非常にお買い得ですので、皆さんも狙ってみましょう。

サンフェアの料金の支払方法は?

価格が手頃と言っても、何品も購入すれば数十万円の金額になることもあるでしょう。

イベントの場合、多くは現金払いのみが多いところ、サンフェアではクレジットカード払いができます。

分割回数は決まっていますが、カード払いできますので多額の現金を持ち歩くリスクがなくなり、安心してショッピングを楽しめます。

サンフェアは誰でも参加しやすい?20代~30代の若者でも大丈夫?

確かにサンフェアでは、実際に運んでみてわかりましたが高級ブランドや名門ブランドの数々が並びますので「参加し辛いのでは?」と感じます。

私も初めは感じていましたが、参加してみると別段、そのようなことは一切ありません。
ドレスコード&会場内のマナーを守り、招待状さえ忘れなければどなたでも参加できます。

会場内の雰囲気も百貨店や高級ブランド店で感じるような、緊張感は殆どなく、参加している方々も純粋にショッピングを楽しんでいます。そして何より、スタッフの方々も丁寧な対応と度が過ぎる声掛けが一切ありませんので、自分のペースで購入できます。

年齢層は40~60代の方が多い印象はあったものの、緊張感なく純粋に高級・名門ブランドを格安でショッピングを楽しめますので、20~30代の方々も是非参加してみましょう。

まとめ

サンフェアは国内ブランドやインポートブランドまで幅広く用意し、なおかつ最大70%で購入できるバーゲンセールです。

その上、ファッショアイテムの他にも、食品やお酒(ワイン中心)までも購入できますので、参加するだけでも十分楽しめます。

もし気になった方がいましたら、年間5回開催されますので、足を運んでみてはいかがでしょうか?