サンローラン。老舗の名ハイブランドがゆえの奥深い歴史を紹介

サンローラン。老舗の名ハイブランドがゆえの奥深い歴史を紹介

世界から注目されるハイブランド、サンローラン。老舗ブランドゆえのその奥深い歴史について今回はご紹介していきたいと思います。

2017.04.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンローランとは?


1961年にフランスで創立されたイヴ・サンローランは、創業当初からモード界に新たな表現法を取り入れ、ファッション業界に確固とした地位を築き上げました。エレガンスで凛としたしなやかな女性像とモダンで知的な強さが感じられる男性像を彼らしく表現した究極のスタイルは、各所から大きな反響を呼びました。

トラペーズラインやミリタリー・ルックなど、イヴ・サンローランが手掛けたコレクションは、当時の世相を見事なまでに反映しており、後世にも伝え継がれる歴史的なスタイルとなりました。これらのスタイルは、今なお愛されているものが多く、ここからもイヴ・サンローランがファッション界に与えた影響がいかに大きかったのかを窺い知ることが出来ますよね。

サンローランの誕生


創業者のムッシュ イヴ・サンローラン(Monsieur Yves Saint Laurent)は、1936年、アルジェリアの港町オランで生まれました。裕福な家庭で育った彼は、17歳の時に、母親の勧めで、パリにあるファッションデザイン学校に進学します。3ヶ月のコースが終了する頃に応募したあるデザインコンクールで、サンローランのカクテルドレスは、ドレス部門最優秀賞を受賞します。この受賞がきっかけで、1954年、彼は、クリスチャン ディオールに迎え入れられることとなりました。

ディオールの後継デザイナー


その3年後、クリスチャン ディオールがこの世を去ると、彼の遺志により21歳という若さで、サンローランは、後継デザイナーに就任します。翌年、パリでの初コレクションで、従来に比べて、より広くより短いフォルムが特徴的な台形のデザインである「トラペーズライン」を発表すると、このコレクションが話題となり、ニーマン・マーカス賞を受賞します。しかし、その後に発表したコレクションは、エレガンスさに欠けるとして不評が続き、1960年、戦争に徴兵されたことを機に、ディオールを解雇されてしまいます。

イヴ・サンローランの設立

除隊後、ピエール・ベルジェ、マック・ロビンソンと共同で、オートクチュールメゾン「イヴ・サンローラン」を設立します。この時、イヴ・サンローランが表現した斬新なモードスタイルは世界中から高い評価を受けました。同ブランドの最初のコレクションのミューズとして、フランス公爵の娘、ルル・ド・ラ・ファレーズがモデルとして出演したことも当時は話題となりました。

60年代を代表するスタイルを提案


その他にも、アングロ・アイリッシュのモデル、ベティ・カトルーやフランスの代表的な女優、カトリーヌ・ドヌーブもランウェーに立ちました。そのカトリーヌは、現在でもサンローランの香水や化粧品のイメージ広告モデルとして活躍するなど、長い交流があることでも知られています。その後も、モンドリアンルックなど、60年代を代表するさまざまなスタイルを立て続けに発表していきました。

1960年代後半には、サファリ・ルックやミリタリー・ルックなど画期的な作品を数多く手掛けてきました。特に、1966年に発表したスモーキング=タキシードは、大きな話題を呼びました。これは、男性用のタキシードをアレンジした女性用のスーツで、キャリアウーマンスタイルの先駆けとしてムーブメントを巻き起こしました。

モードの帝王と称される


1970年代には、コサック・ルックやフォークロア調のデザインを発表し、名実共に『モードの帝王』と称されるようになりました。その後も、1985年に、レジヨン・ドヌール勲章、1993年にはデ・ドール賞を受賞するなど、彼は多くの快挙を成し遂げていきます。1997年にメンズライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ オム」のアーティスティック・ディレクターにエディ・スリマンが就任すると、翌年には、初のジーンズラインである「サンローラン」を発表しました。

1999A/Wから、レディースライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」をアルベール エルバスに任せるようになると、サンローラン本人はオートクチュールに専念するようになりました。その後、彼は、2002年1月22日に行われた、パリ・オートクチュール・コレクションを最後に引退しました。

オートクチュール部門が終わってから…


オートクチュール部門がなくなった以後、ブランドはリヴ・ゴーシュのみの展開となりました。このとき、「イヴ・サンローランのオートクチュールメゾンは、彼以上の才能を持つデザイナー後継者を将来にも見つけることは不可能とし、歴史に幕を閉じた」とも言われました。

2003年11月、トム フォードが辞任すると、後任にはアルベール エルバス、ステファノ・ピラーティが就任し、2012年まで活躍しました。2007年、イヴ・サンローランは、その長年の功績を讃えられ、フランス大統領からレジオン・ドヌール勲章グラントフィシエ受章を受けます。その翌年の6月1日、世界中のファッショニスタに惜しまれながらも、彼は71歳でこの世を去ります。

2012年、エディ・スリマンがイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任すると、ファッション部門のブランド名が「サンローラン」へと改められました。2016年、エディ・スリマンがクリエイティブ&イメージディレクターを退任し、現在では、ヴェルサス ヴェルサーチで活躍していたアンソニー ヴァカレロがクリエイティブ・ディレクターとして活躍しています。

まとめ


サンローランの歴史についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?どうしてこのバッグが誕生することになったのか、ブランドが有名になるきっかけは何だったのか、そういうポイントを少し押さえておくだけで、またグッとブランドそのものに近づける気がしますよね。心からファッションを楽しむためにも、是非この機会に自分の好きなブランドの歴史についても学んでみてはどうでしょうか?

pagetop