スーツを高く売るために気を付けるべき10個のポイントをご紹介

スーツを高く売るために気を付けるべき10個のポイントをご紹介

スーツはビジネスマンであれば毎日着用しているアイテムですよね。そして古くなったものを買取に出す方も多いはずです。今回は、スーツを高く売る際に見ておきたいポイントをまとめましたので売る際だけではなく、次回購入する際にもチェックしてみてください。

2017.04.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツを高く買い取って欲しい


スーツって購入すると値段が非常に高いですよね。それは、丈夫でしっかりとした素材を使用してこだわり抜いて作られているからです。毎日使用しても型崩れが起こりにくく、よれたりしないように考えられて作られているので普通の洋服よりは高額になるのです。

これだけ高額な品なのですから、買取をしてもらうのでしたら高額の方が嬉しいですよね。新しいスーツを購入したい方はその費用にも当てられます。少しでも高く売れる方法を知っておくといいかもしれませんね。

スーツを高額査定にしてもらうにはいくつかの条件がある


スーツには、高額になるポイントがいくつかあるのですが、それはブランドや使用年数、商品状態、生地など着眼点は様々です。

実際に鑑定士はどんなところに着目しているのかを知りたいですよね。知ることで事前にスーツのメンテナンスが出来るだけではなく、買取相場もわかるようになります。相場が分かってくれば次回スーツを購入する際にも役立ちますので便利ですよ。では、さっそく見ていきましょう。

1.ブランドによって相場が変わる


スーツは多くのブランドが扱っていますが、ブランドによって価格は様々です。相場は大体8.000円~30.000円くらいと幅も広くなっています。ルイヴィトン、ブリオーニ、プラダ、シャネル、バーバリーブルーレーベル、キートン、ルビアム、サルトリアアットリーニ、エルメス、ジョルジオアルマーニ、ベルベスト、ボリオリ、ポールスミス、グッチ、プラダ、ドルチェ&ガッパーナ、ヴェルサーチ、ロロピアーナなどが相場も高く有名です。

相場を知っておけば実際に査定をしてもらう時の目安にもなりますので、自身の使っているブランドの買取相場を知っておくといいですよ。商品が高額で買い取られているのかの目星も付けやすくなります。

2.使用年数


使用年数は、もちろんですが短く新しいものが高額となります。古いモデルでも未使用同様の品は高くつくので綺麗に保存しておくと買取の際にはいいでしょう。使用年数が経つとどうしてもスレが目立ち、使用感が感じられてしまいます。一見してみると綺麗でも内側部分に汚れは出てきますのでご注意ください。

使い込んでいると、新品時の生地の色合いが判断しにくくなってきますので買取額の見積も自身で行うと高く付けてしまいがちです。何年使ってきたかを考えてみるのも相場がわかりやすくなるので確かめてみてはいかがでしょう。

3.ほつれや汚れなどの商品状態


商品状態は、買取価格に大きく左右しますので予めご自身で確認してみるといいでしょう。肌が触れる襟や袖部分、汗の気になる脇周りなどは汚れやほつれが気になります。使用感の出る黄ばみ汚れがあると買取にも影響が出てくるので調べてみるといいですね。

4.オーダーメイドより既製品


オーダーメイドで自分にぴったりのスーツを作られる方も多いことかと思いますが、高額にも関わらずオーダーメイドは買取となると受け入れがたい傾向が見られます。それは既製品と違い万人受けするものではないため、買い手がつきにくいからです。サイズが合わせにくいのでオーダーメイドの品よりも既製品の方が高く売れるケースが多いでしょう。

5.体にフィットするタイプが売れる


スーツは体にフィットするタイプの方が、大きめのシルエットよりも高く買い取ってもらえます。シルエットが大きいとサイズが合わない方が多いので買い手がつきにくいのが原因ですね。

6.ブランド生地を扱っていると高額


スーツのタグを確認してみるとわかるのですが、キングスクロスやミユキなどの有名なブランド生地、またはsuper100s以上の極細の糸で織られた生地は品質が高いため高額で買取をすることができます。

7.ボタンは「本切羽」


袖口のボタンには開け閉めできる「本切羽」と、ボタンを開け閉めできない「あきみせ」があります。一般的には本切羽の方が高いとされていますので、買取の際の目安にしてみてください。

8.「ゴージライン」は、その年の流行がある


上襟と下襟の境目をゴージラインと言うのですが、ゴージラインはその時の流行があります。高めのゴージラインが高額になる時と、低めのゴージラインが高額になる時とがありますので買取するときは流行を確認してから売ると高く売れることでしょう。

9.シーズンで価格は決まる


スーツにも夏物、春物、冬物があります。夏に冬物を売っても買い手がつきにくいので査定額も低く見積もられてしまいます。買取に行く際はまとめて出す方が多いですが、季節ごとに分けて売りに出すほうが高額買取ができますので、多少の手間はかかりますが考えて売りに出すのもいいと思いますよ。

10.メンテナンスはしっかりと


スーツは、気付きにくいですが汚れやシミが付いているなんてことも多いです。ほつれが内側部分にあることも見受けられます。なので、すぐに店舗に行くのではなく一度ご自身でメンテナンスを兼ねて確認をしてみてください。

確認をすることで少しでも高く売れると同時に商品の相場がどのくらいかが判断しやすくなります。的確な相場がわかると、高額で買取してもらえているのかが気付きやすくなりますので次回の買取の際にも役に立ちますよ。

買取してもらう際の目安にしてみてください


実際にスーツを買取する際には、数多くの着眼点があるようですね。全部はできなくてもできそうなことからメンテナンスなどをしてみると査定額にも違いが出てきそうです。日々のスーツの保存方法や手入れの仕方を見直すだけでも買取の際には高額が期待できそうですね。元々値段の高いスーツを少しでも高く買取できるように参考にしてみてください。

pagetop