ダイエットに

焼酎の原料は、米や麦などの穀類であることが多いですが、鹿児島などでは芋を原料として作られており、その地方で特産物をつかった焼酎もたまに見るかとおもいます。

酒類は基本的にカロリーが高いので、ダイエット中の場合嫌煙されることも多々ありますが、焼酎は酒類の中でも低カロリーである上にプリン体の量も少ないため、ダイエットにも健康にも優しい飲み物です。

血栓症の予防に

血栓症とは、心筋梗塞や脳梗塞など血管に血の塊が詰まることにより起こる病気の総称です。

血液がドロドロになることで血管に血の塊が詰まってきたり、血管が細くなったりしてきます。

そうすると血圧が高くなり、様々な病気のトリガーとなります。

血管が詰まることで誘発される代表的な病気としては、有名処として心筋梗塞や脳梗塞があるわけですが、これら血栓症が原因となって引き起こされる病気は、血液をサラサラにしてあげることで、病気予防にかなり役立つのです。

アルコールには、万病の元となる血栓を溶かす際に必要となる、プラスミンと呼ばれている酵素を増やす力があり、とりわけ焼酎は特に多くのプラスミンを増やす能力があるということが証明されたそうです。

その理由から血栓症予防に有効であると考えられているのです。

血液サラサラになれば、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞と、現代における三大死因を予防に役立つのですから、うまくいけば長生き出来ちゃうかもしれませんね。

動脈硬化・痛風予防に

焼酎は善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減少させる効果があるとされています。

血管内に脂肪がつきにくくすることで、動脈硬化を予防すると考えられているためです。

またほかのお酒と比べてプリン体の含有量も少ないので、プリン体が原因で起こる痛風にもなりにくいことが考えられます。

逆にビールなんかはプリン体が多く含まれているので、アルコールとして血栓予防を期待できても、一進一退といったところでしょうか。

美肌効果も

焼酎で作る化粧水ってご存知ですか?筆者は吹き出物がひどく出来た際、一時期つかっていたことがあります。ご家庭でも簡単に作れるし、肌の免疫力もUPするので、美肌にも良いと言われています。

但し少し刺激臭が気になるのと(焼酎だからね)、肌が弱い方は必ずパッチテスト後に使って下さいね。

焼酎化粧水の作り方

焼酎(焼酎甲類、樹氷など)に、グリセリンを1/4~1/3量加えるだけです。グリセリンの量を調節すると、しっとりタイプやさっぱりタイプの調節ができます。

冷蔵庫で保管して、一ヶ月くらいで使い切るか作りなおすかしてくださいね。

焼酎の種類

最初に知っておいて欲しいことは、一概に焼酎といってもですね、甲類・乙類といって二種類に区分されているということです。

たぶん焼酎の瓶に張ってあるラベルとか見ると、甲乙は記載されていたと思います。だけどそんなラベルを見なくても、簡単な見分けかたはこちら。

甲類とは

アルコール度数が36%未満でかつ、連続式蒸留器で蒸留させてものを甲類と規定されています。

糖蜜を原料にした発酵液を連続式蒸留器で蒸留させると、色や香りがなく、純アルコールに近いものが出来上がります。

何度も蒸溜を繰り返しているのでくせがない味わいで、チューハイやサワーなどに適しています。

乙類とは

アルコール度数が45%以下のものかつ、単式蒸留器で蒸溜するものを乙類と規定されています。

一度しか蒸溜を行わないので原料の風味が生かされ、風味豊かな味わいで、本格焼酎とも呼ばれます。原料にサツマイモやそばを使ったものもあります。

原料の香りや味わいを残すため、単式蒸留器で蒸留させる方法です。

混和焼酎もある

甲類・乙類の二つをブレンドしたものを混和焼酎といいます。くせのなさと風味の良さをかけ合わせた飲みやすい焼酎です。

私達が一般的に飲んでいる焼酎は、この乙類が多いですが、実はこの乙類、冒頭に少し紹介しましたが、血栓を溶かすプラスミンという酵素を増加させる効果があるので、毎日少量ずつ飲むと脳卒中や心筋梗塞を予防する効果があると言われています。

毎日飲むと太るのではなくて、毎日飲むと健康になるわけですから、好きなお酒を飲んで健康になれるなんて、一石二鳥と浮足だってしまいます。

効果は1日2杯まで

いきなり現実に戻してしまうようで、大変申し上げにくいのですが、いくら体に良いとはいっても、何事も節度が大事。これはお酒に限ったことではなく、全てにおいて共通する健康の秘訣みたいなものですね。

焼酎に関しても然りで、やはり節度が大事なのです。

大切なことなので、ちょっと2度言ってしまいましたが、しつこいと思われたなら申し訳ないです。ですが本当に飲み過ぎは注意で、1日コップ2杯までにしておきましょう。

効果的な楽しみ方

焼酎を毎日少し飲めば、現代病の元といえる血栓病の予防にも繋がり、血液サラサラになって体内免疫が向上するなんて、素晴らしき日本が造り出したアルコールではありませんか?

冷えを大敵とする女性にもとても優しく、体の冷えを取ることはそれだけで生理不順から来るむくみ、便秘、肌荒れとすべてにおいて、体質改善のお手伝いもしてくれます。

お酒屋さんに足を運べば様々な原料で作られた焼酎が棚にかざられており、原料によって個人が感じる匂い、味、飲みやすさと様々です。

昔飲んだ焼酎が口に合わなかったと苦手な人も多いかと思いますが、この記事をみて興味を覚えてくださったなら、いくつか原料の違う焼酎を試して頂けたらな~と思います。

「麦は苦手ですが、芋は好きです。」とか、その逆も然りで、原料によっても全然味わいは違います。

そして焼酎の最大の利点は、他のアルコール類より安い価格で購入出来る点。(但し一部プレミア焼酎は除く)デイリーユーズに最適なお酒だと思いますよ。

焼酎を毎日少し飲めば、現代病の元といえる血栓病の予防にも繋がり、血液サラサラになって体内免疫が向上するなんて、素晴らしき日本が造り出したアルコールではありませんか?

冷えを大敵とする女性にもとても優しく、体の冷えを取ることはそれだけで生理不順から来るむくみ、便秘、肌荒れとすべてにおいて、体質改善のお手伝いもしてくれます。

お酒屋さんに足を運べば様々な原料で作られた焼酎が棚にかざられており、原料によって個人が感じる匂い、味、飲みやすさと様々です。

昔飲んだ焼酎が口に合わなかったと苦手な人も多いかと思いますが、この記事をみて興味を覚えてくださったなら、いくつか原料の違う焼酎を試して頂けたらな~と思います。

「麦は苦手ですが、芋は好きです。」とか、その逆も然りで、原料によっても全然味わいは違います。

そして焼酎の最大の利点は、他のアルコール類より安い価格で購入出来る点。(但し一部プレミア焼酎は除く)デイリーユーズに最適なお酒だと思いますよ。

 

焼酎 高価買取の詳細はこちら>>