1.相場高騰中!ワイン買取価格ランキングTOP5

1位:伝説のワイン!「ロマネコンティ」

ロマネコンティラベルアップ

相場高騰中のポイント

  • とにかく希少性が高い!
  • 1杯約19万の高額すぎる落札額でも話題に
  • 買取相場は~2,500,000円前後

売り時は今!?レベル

5つ星

2位:ワイン通も魅了される!「ルロワ」

ルロワのボトル

相場高騰中のポイント

  • 元DRC共同経営者”マダム・ルロワ”のカリスマ性がすごい!
  • 世界一のワイン造りからなる質の高さで話題に
  • リシュブール買取相場は~1,000,000円前後

売り時は今!?レベル

5つ星

3位:ブルゴーニュの神様!「アンリ・ジェイエ」

アンリジェイエラベルアップ

相場高騰中のポイント

  • 生産数が少なく希少価値が高い!
  • 入手困難で世界中のファン垂涎の的!
  • ヴォーヌロマネ クロパラントゥの買取相場は~800,000円前後

売り時は今!?レベル

5つ星

4位:5大シャトーより人気!?「シャトー・ペトリュス」

シャトー・ペトリュスを持つ鑑定士

相場高騰中のポイント

  • 上流階級のシンボルとしてのステータス!
  • 希少性 × ばつぐんの知名度!
  • 買取相場は~500,000円前後

売り時は今!?レベル

4つ星

5位:カリフォルニアワインの格を上げた!「オーパスワン」

オーパスワンラベルアップ

相場高騰中のポイント

  • 創立者のカリスマ性と高品質さで注目の的に
  • カリフォルニアワインの中でも圧倒的な知名度を誇っている!
  • 買取相場は~40,000円前後

売り時は今!?レベル

4つ星

2.ワインの買取価格を高額にするコツ

ワインを高く売る「売り方」選び

PC

ワインを高く売るためには、どんな「売り方」がいいのだろうか。

一番のおすすめは「買取業者の利用」だ。オークションなどと違って、ワインについての知識を持ち合わせていなくても正しい価値で売ることができる。

時間や手間というリスクを背負わずに、知識を持っている買取業者に買い取ってもらうことでスムーズな取引となるだろう。

注意したい点としては、買取業者によってはワインを専門的に扱っていない可能性がある、というところだ。

買取業者の選び方・比較方法については次の項で説明していく。

買取業者比較について

業者比較に迷う女性

ワインを売る前に必ずチェックしておいてほしいのが「買取業者の比較」だ。

先述した通り、買取業者によってはワインが専門分野ではない可能性がある。専門分野ではない場合は、知識を持っていないため適正な査定額とはならないだろう。

より高く売るためには、専門分野がワインであることや、ワインに詳しい鑑定士が在籍しているか等、「買取業者を比較」することが重要なのだ。

「買取業者の比較」については下記のリンクでも詳しく選び方のポイントを紹介している。ぜひ売る前にチェックしておこう。

保存状態はどうチェックする?

ワインを査定する鑑定士

保存状態はワインの査定をする際に最も気にしたいポイントである。中でも「液面低下」についてはしっかりチェックしておくのがおすすめだ。

液面低下の発生原因は、一体どんなことなのか。

まずは、温度が高いところに保管してあった場合、ガスが発生してその圧力でコルクの細かい隙間から吹き出しに注意したい。

また、年代が古いワインほど、長い期間コルクが漬かっているため腐ってしまって、吹きこぼれやすくなり液面低下をまねく。

ラベルの状態(銘柄名の部分が破れている等)も査定額に影響してくるが、なによりもこの液面低下が大切なポイントとなっている。

下記で説明する保存方法についても確認して、高額査定の実現を目指そう。

正しいワインの保存方法とは?

ワインセラー

ワインを高く売るためには、保存方法について知っておいて損はない。

適切な温度と湿度を保てるワインセラーに入れておくことはもちろんだが、置き方も重要だ。

液面低下をまねく縦置きは避け、横に倒した状態で保管しよう。

他にも季節に応じてどう保存に注意すべきか等確認したい場合は、下記のコラムもぜひチェックしてみてほしい。

3.買取業者がおすすめの理由

ワインを売る時になぜ「買取業者」がおすすめなのか。手間がかからないのは大きな利点だが、他にも理由がある。

買取サービスを利用する「買取の初心者」が安心できる理由を、詳しく説明していこう。

ワインの価値の調べ方


買取価格が高騰しているワインを売却するならば、それが価値のあるものなのかを知りたいはずだ。忙しい中、わざわざ買取査定に出しても「値段がつかなかったらどうしよう?」と不安に思う人もいるだろう。

それを避けるためには、まずは自分が持っているワインが”価値があるのか・値段がつくのか”を知ることだ。

一体、どうやって価値を調べるべきなのか。その方法は3つある。

酒屋で聞く

よく行く、馴染みがある酒屋があるのであれば、これは手軽な方法だ。常連客に対するサービスの一環として親身に答えてもらえるだろう。

しかし、懸念点もある。

取り扱い商品以外には詳しくないなど、情報の偏り。また、親しい酒屋がなければ、聞くこと自体がハードルが高すぎるのだ。

ネットで調べる

パソコンやスマートフォンが普及している今、価値があるのかを調べるには、ネットというのは手軽な手段といえる。国内外のオークション情報を知ることで、ワインの市場状況を把握するこもできる。

ただ、情報が多いために、そこから適正な情報を選びとることが難しい。さらに、真偽性を確かめることもハードルが高い。

自分の持っている知識によほどの自信がない限り、うかつに手を出すと痛い目を見る可能性もあるのだ。

買取業者に聞く

3つ目は、買取業者といういわば、”買取のプロ”に聞く、という方法。手軽に情報の確かなプロに聞ける、これは一挙両得だ。

しかも、「聞くだけ聞きたい」でもOKなのがうれしいところ。

酒買取の専門業者であるストックラボでは、査定だけの対応もしている。LINEやメール、電話など手軽な手段で、おおよそにはなってしまうが査定額を教えてもらえる。

ワインについて詳しい知識を持っていない人には、まさにうってつけの方法だ。

ワイン買取のニュース

スクリーミングイーグルを持つ鑑定士

ワインをはじめとした酒買取の専門業者であるストックラボ。専属の鑑定士はワインについても詳しい情報を持っている。

そんなストックラボの鑑定士が、最近のワインの買取に関連する気になるニュースをお届けしよう。

アメリカワインに注目!

じわじわと人気が上がってきているアメリカワイン。スクリーミングイーグルやハーラン・エステート、インシグニアなどすでに知名度があるものも増えてきている。

ボルドーやブルゴーニュなどのフランスワインはすでに飽和状態で、値段も高騰し続けるばかり。もはや手を出すことができるのは、限られた存在のみである。

その為、ワイン造りの拠点をフランスからアメリカへ移したり、拡大するワイナリーも多い。オーパスワンやドミナス・エステートなどを筆頭に、見逃せない銘柄が増加中で、注目が集まっているのだ。

4.売るなら今!ワイン買取一覧

シャトー・ラトゥール


2002年
~40,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

シャトー・オー・ブリオン


1990年
~56,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

ハーラン・エステート


2000年
~60,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

シャトー・マルゴー


1982年
~80,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

アルマン・ルソー


シャンベルタン グランクリュ
~140,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

シャトー・ラフィット


2000年
~150,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

シャトー・ムートン


2000年
~200,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

スクリーミングイーグル


1997年
~300,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

DRCラ・ターシュ


1990年
~340,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

シャトー・ル・パン


1982年
~500,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら

5.便利なのはどれ?ワインの買取方法比較

ワインを売る前に、どんな買取サービスがあるのか、それを把握しておくのも売る前に知っておきたいポイントのひとつ。

では実際にワインを売る時にはどんな買取サービスや方法があるのかについて、紹介しよう。

ワインを売るときに利用できる買取サービス

買取業者によって様々な買取サービスや買取方法を提供している。自分の都合に合うものは一体どんなものなのかを知ることができていれば、買取サービスの利用が楽になるはずだ。

酒買取の専門業者であるストックラボでは、利用者のニーズに合った買取サービスを提供している。

まずは、どんな方法で売ることができるのか、どうやって利用するものなのかを確認してみてはいかがだろうか。

ワイン買取のまとめ

高額でワインを買い取ってもらうために役立つポイントをご紹介してきたがいかがだっただろうか。売れるかどうか迷っているままにせず、まずは査定に出してみるのもおすすめだ。

ワイン買取ページ
ワイン買取の詳細はこちら!