並ぶ日本酒

【日本酒 買取】プロが教える!売る前に知りたい5つのポイント

「日本酒を高く売りたい!」そのために、何をすべきか迷っているなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてほしい。酒買取の専門業者であるストックラボが売る前に知っておきたいポイントを、紹介していく。高額への近道としてきっと役立つはずだ。

2018.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

1.相場高騰中!日本酒の買取価格ランキングTOP5

1位:「十四代 龍泉」


龍泉を持つ鑑定士

相場高騰中のポイント



  • 最高等級を誇る純米大吟醸である

  • 希少な十四代の中でもトップクラスの希少価値の高さ

  • 買取相場は~350,000円前後


売り時は今!?レベル


5つ星



2位:「十四代 七垂二十貫」


七垂二十貫ボトル全体と箱

相場高騰中のポイント



  • 年2回のみ出荷される”限定品”

  • 近年の日本酒トレンド「芳醇旨口」で注目されている

  • 買取相場は~80,000円前後


売り時は今!?レベル


5つ星



3位:「黒龍 石田屋」


黒龍ロゴ

相場高騰中のポイント



  • 日本酒の人気銘柄「黒龍」の中でも別格

  • 世界に誇れる日本酒ブランドとして認知されている

  • 買取相場は~30,000円前後


売り時は今!?レベル


5つ星



4位:「獺祭 磨 その先へ」


並ぶ獺祭のボトル

相場高騰中のポイント



  • 日本酒の最高級品として注目されている

  • 日本酒品評会が「KURA MASTER」プラチナ賞+金賞を受賞

  • 買取相場は~18,000円前後


売り時は今!?レベル


4つ星



5位:「磯自慢 アダージョ」


磯自慢ロゴ

相場高騰中のポイント



  • 磯自慢の最高峰を使用した最高級品

  • 定めた品質基準に達しない年は出荷されず、希少性が高い

  • 買取相場は~55,000円前後


売り時は今!?レベル


4つ星

2.日本酒の買取価格を高額にするコツ

日本酒を高く売る「売り方」選び


PC

「日本酒を売りたい」と思っても、どんな売り方をすべきなのかに迷うのではないだろうか。

ネットを使って自分で売ることも、オークションなどを利用すれば可能だ。しかし、それには時間や手間を犠牲にする必要がある。

オークションなどを駆使したとしても、自分で適正な価格で売るというのは知識がなくては難しいだろう。

そこでおすすめなのが「買取業者へ売る」という方法だ。

自分自身に知識がなくても、酒買取と専門としている買取業者であれば適正な価格を提示してくれる。さらには時間と手間の節約にもなるのが嬉しいところだ。



買取業者比較について


業者比較に迷う女性

先述したように酒を売るなら、酒買取を専門としている買取業者に売るのがベスト。

しかし、1円でも高く売りたいのであれば、そこから日本酒に強い買取業者を選ぶのがおすすめだ。なぜなら、酒を専門分野としていても、日本酒について詳しい鑑定士が在籍していなければ、高額買取の実現は難しいからである。

買取業者をどう選ぶべきなのか、比較検討することは売る前にぜひ行っておきたい。どんなポイントで買取業者を比較すべきなのか、下記の記事で詳しく紹介している。ぜひチェックしておいてほしい。



開封?未開封?保存状態のチェック方法


日本酒を査定する鑑定士

日本酒といえば、酒の中でも一番開封・未開封が品質に影響してくる酒だ。なぜなら糖度が高いため、一度開封してしまうと中身の日本酒に傷みがでやすいからである。味にも変化がでる。

ペットボトルと同じように、開封している場合はすぐにわかるのが多くの日本酒の特徴でもある。

日本酒のびん口には、アルミ製のキャップシール(正式名称:冠頭(かんとう))がついている。アルミ独特の金属光沢がびん口をきれいに見せるものだ。しかし、このキャップシールが破けていると査定額に影響してくる。

ちなみに、買取価格が高騰している十四代龍泉などは、キャップ部分がコルクのようになっている。この場合、ワインのように液面低下や黄ばみなどが発生しやすいので、注意しておきたい。

「もらったものの、売れるのか不安…」といった場合には、まずどんな状態なのかも、売る前にチェックしておいたほうがいいだろう。



付属品について


十四代龍泉のボトルと箱

付属品についても、日本酒を売る前にチェックしておきたいポイントにひとつだ。

日本酒の付属品は、高い日本酒、安い日本酒で扱いが変わってくる。

例えば買取相場が3万オーバーの高い日本酒(十四代龍泉や黒龍石田屋、磯自慢アダージョ等)は、ついていた付属品すべてが揃っているほうがベターだ。酒によって違うが、主に箱や冊子、化粧紙などである。

一方そこまで高くない、安い日本酒については付属品は付属品が揃っていなくても査定額に影響しない場合が多い。

日本酒自体に詳しくなく、高い安いがそもそもわからない場合は、プロである買取業者に相談してみるのも、ひとつの手だ。

3.買取業者がおすすめの理由

日本酒を売る時になぜ「買取業者」がおすすめなのか。手間がかからないのは大きな利点だが、他にも理由がある。

買取サービスを利用する「買取の初心者」が安心できる理由を、詳しく説明していこう。

日本酒の価値の調べ方




買取価格が高騰している日本酒を売却するならば、それが価値のあるものなのかを知りたいはずだ。忙しい中、わざわざ買取査定に出しても「値段がつかなかったらどうしよう?」と不安に思う人もいるだろう。

それを避けるためには、まずは自分が持っている日本酒が”価値があるのか・値段がつくのか”を知ることだ。

一体、どうやって価値を調べるべきなのか。その方法は3つある。


酒屋で聞く


よく行く、馴染みがある酒屋があるのであれば、これは手軽な方法だ。常連客に対するサービスの一環として親身に答えてもらえるだろう。

しかし、懸念点もある。

取り扱い商品以外には詳しくないなど、情報の偏り。また、親しい酒屋がなければ、聞くこと自体がハードルが高すぎるのだ。


ネットで調べる


パソコンやスマートフォンが普及している今、価値があるのかを調べるには、ネットというのは手軽な手段といえる。

ただ、情報が多いために、そこから適正な情報を選びとることが難しい。さらに、真偽性を確かめることもハードルが高い。

自分の持っている知識によほどの自信がない限り、うかつに手を出すと痛い目を見る可能性もあるのだ。


買取業者に聞く


3つ目は、買取業者といういわば、”買取のプロ”に聞く、という方法。手軽に情報の確かなプロに聞ける、これは一挙両得だ。

しかも、「聞くだけ聞きたい」でもOKなのがうれしいところ。

酒買取の専門業者であるストックラボでは、査定だけの対応もしている。LINEやメール、電話など手軽な手段で、おおよそにはなってしまうが査定額を教えてもらえる。

日本酒について詳しい知識を持っていない人には、まさにうってつけの方法だ。



日本酒買取のニュース


並ぶ日本酒のボトル

日本酒の買取について、日本酒情報の詳しさには自信があるストックラボの鑑定士。

最近の気になる日本酒の買取に関するニュースについてお伝えしていこう。


「獺祭×ロブション」コラボ店!?


海外でもますます人気が上がっている日本酒。その中でも今注目されている銘柄が「獺祭」だ。

2018年に「Dassaï Joël Robuchon(獺祭・ジョエル・ロブション)」が、なんとフランス・パリ8区にオープンしたのだ。

”世紀最高の料理人””フレンチの神様”とも評されているジョエル・ロブション氏が、獺祭の蔵元である旭酒造とタッグを組んだこの複合店。今後も国内だけではなく世界での日本酒人気を盛り上げていく存在として、注目されている。

ますます海外での知名度・注目度が上がることで、日本酒の買取価格にも影響してくると予想している。


”入札形式”で注目される「無二」!


日本酒の人気銘柄を輩出している福井県にある黒龍酒造。今回、この黒龍酒造が業界初となる”入札形式”を採用した。

”入札形式”での入札会に出品されたのが、黒龍酒造の新ブランド「無二」である。

ヴィンテージ違いの氷温熟成酒で、まさに唯一無二の高級酒だ。黒龍酒造の総てを注ぎ込んだ逸品と言われている。

メーカーによる小売価格設定が通例だった日本酒業界。今回の”入札形式”は、実際に販売している卸業者や酒販店などのバイヤーに値付けを委ね、日本酒の適正価格を市場に問いかける試みだった。

ワインなどに比べ安いとされている日本酒。黒龍酒造が問いかけた”入札形式”での今回の試みによって、今後小売価格をはじめ、日本酒の価格に変動が出てくるかもしれない。

4.売るなら今!日本酒 買取一覧




久保田


萬寿
~5,000円前後
買取はこちら




蓬莱泉



~10,000円前後
買取はこちら







飛露喜


純米大吟醸
~10,000円前後
買取はこちら




而今


純米大吟醸
~10,000円前後
買取はこちら







田酒


斗壜取
~15,000円前後
買取はこちら




十四代


本丸
~30,000円前後
買取はこちら
詳細はこちら



5.便利なのはどれ?日本酒の買取方法比較

日本酒を売る前に、どんな買取サービスがあるのか、それを把握しておくのも売る前に知っておきたいポイントのひとつ。

では実際に日本酒を売る時にはどんな買取サービスや方法があるのかについて、紹介しよう。

日本酒を売るときに利用できる買取サービス



買取業者によって様々な買取サービスや買取方法を提供している。自分の都合に合うものは一体どんなものなのかを知ることができていれば、買取サービスの利用が楽になるはずだ。

酒買取の専門業者であるストックラボでは、利用者のニーズに合った買取サービスを提供している。

まずは、どんな方法で売ることができるのか、どうやって利用するものなのかを確認してみてはいかがだろうか。


日本酒 買取のまとめ

日本酒を売る前に知っておきたいポイントを、酒買取のプロであるストックラボがお届けした。日本酒を売るかどうか迷っているのであれば、査定だけでも試してみてはいかがだろうか。

日本酒 買取ページ
日本酒 買取の詳細はこちら!

すぐにお店で買取査定!

pagetop