神無月は埼玉が熱い!隠れた酒どころ埼玉での地酒イベントご紹介

神無月は埼玉が熱い!隠れた酒どころ埼玉での地酒イベントご紹介

そろそろ日本酒が美味しい時期になってきましたね。この時期になると、いち早く今年のお酒を試飲出来るという素晴らしい地酒イベントが、全国各地の酒処で開催されますが、実は酒蔵はあまりないと思われる関東圏においても楽しむことが出来るんですよ。

2016.09.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

埼玉県はネギだけじゃない!

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

東京から約一時間、電車に揺られてたどり着く埼玉の酒処。日本酒の「秩父錦」、銘柄によっては世界一のプレ値がついているウイスキー「イチローズモルト」など、これらは日本が誇る埼玉が造り出している銘酒の一つです!

意外に知られていませんが、埼玉県は清酒出荷量なんと全国4位の実績を誇ります。

お酒イベント紹介

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

ビール工場やウイスキー蒸溜所、ワイナリーもあるため、首都圏一の酒処でありお酒に関する様々なイベントが毎年開催されており、今年も例外なく開催されるのでいくつか紹介したいとおもいます。

地ビール&地酒&グルメフェスタ

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

ちょっと時期は早いですが、堂々と昼飲み出来るビールとお酒とグルメと三拍子そろったイベントです。「埼玉県内の地ビール&地酒と美味しいグルメが大集合」と銘打つことだけあり、出店予定の銘酒群も豪華です。

日時:平成28年9月19日(月)10:00〜16:00

場所:ウェスタ川越

ビール部門出店:COEDOビール (川越市)、所沢ビール (所沢市)、氷川ブリュワリー (さいたま市)、こぶし花ビール (羽生市)、川口ブルワリー (川口市)

地酒部門出店:鏡山 (川越市)、文楽 (上尾市)、秩父錦 (秩父市)

どの地ビールも甲乙つけがたい逸品ですが、筆者のお気に入りは川越のCOEDOビールです。COEDOの中でも紅シリーズは格別な味わいで、は芋の旨みとビールの苦みがうまく融合して、何とも言えないうまさですが、これを残暑の日差しの中でグイっと飲み干すなんて、幸せすぎます。

また肝心なグルメは、震災復興支援特別店からで、大槌産ホタテ・牡蠣の浜焼きなど、三陸グルメをつまみに埼玉の銘酒を味わえるというのですから、いまから楽しみです。

ただしここは参加費型ではなく、その場で購入して美味しいものを頂くシステムなので、散財には十分注意しましょう!「安く色々な地酒を試飲したい~!」、「コストパフォーマンス最高じゃなきゃ嫌」と思われる方は、これから紹介する地酒イベントがオススメです。

第2回埼玉地酒街めぐりin川口

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

埼玉の酒文化の若き担い手である「10名の蔵元」が、酒造りへの思いなどを語ります。川口市ふじの市商店街のグルメを食べながら、各社自慢のお酒を「試し飲みし放題」出来るというなんと太っ腹企画。

参加蔵元10蔵以外の地酒も用意する予定だとかで、約15蔵、50銘柄程の地酒を堪能することが出来ますよ。

日時:平成28年10月10日(月•祝)13:00〜15:30(受付12:30〜)

場所:川口市ふじの市商店街

料金:2,300円(当日2,500円)

第13回大試飲会 埼玉35酒蔵

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

旬の地酒、ひやおろし、燗酒が飲みくらべ出来るイベント。

2部制で、1部は卸・小売業及び飲食店と企業限定になっていますが、2部からは一般でも参加が可能となっています。業者向けのイベントでもあることから、かなりの規模で試飲が出来るのではないでしょうか。

日時:平成28年10月6日(木)

場所::大宮ソニックシティ第1展示場

1部:開催時間14:30~16:00は卸•小売業者様及び飲食店のみ

2部:開催時間16:00〜19:30は一般消費者も参加可。

料金:参加費1,000円

ちょこたび埼玉酒蔵めぐり

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

日時:平成28年10月1日(土)事前申込不要

料金:参加費無料

小川町にある3つの酒蔵(晴雲酒造、松岡醸造、武蔵鶴酒造)を、お猪口片手に無料シャトルバスで自由に巡ります。各酒蔵には色々なお店が出店しているので、小川町のグルメを酒のつまみとし試飲を満喫することが出来、地酒ファンにはたまらない企画ですね!

小川町は上に紹介した、川口や大宮よりやや都心から離れていますが、小川町を観光しながら酒蔵巡り出来るのでとても人気があるイベントです。都心から離れているといっても、池袋から東武東上線乗り換えなしで1本、終点まで乗る形にはなりますが、特急だと1時間かかりません。

東上線降りたら、小川町駅前にてオリジナルお猪口を500円で購入してくださいね。もし買い忘れた方、電車ではなく直接現地に向かう方は、3つの酒蔵でも購入出来ますよ。

酒蔵の紹介1:晴雲酒造(株)


天皇杯受賞の、無農薬米を使用した「おがわの自然酒」が有名です。各種の試飲だけでなく、酒蔵レストランでお食事も楽しめます。

当日出店予定:たる酒、酒蔵漬、焼き鳥、揚げ物、だんご、まんじゅうなど


酒蔵の紹介2:松岡醸造(株)


全国新酒鑑評会にて、埼玉県内最多記録である8年連続金賞受賞蔵です。販売酒は無料試飲が可能ですが、樽酒の試飲も一杯100円で販売する予定です。

当日出店予定:松岡大吟醸ソフトクリーム、日本酒関連グッズ、焼き鳥、うどんなど


酒蔵の紹介3:武蔵鶴酒造(株)


関東信越国税局酒類鑑評会最優秀賞受賞(局長賞受賞蔵)及び、全国新酒鑑評会金賞受賞蔵です。「ひやおろし」「梅酒」等の利き酒及び販売を予定しております。

当日出店予定:蔵人による『蔵人食堂』をオープンする予定

ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町は、過去開催時も大変好評だったので、地酒好きであれば是非足を運んでもらいたいイベントです!このように関東圏である埼玉でも、地酒イベントは盛りだくさんです。

まとめ

 (画像出典:(C)fotolia.com)
(画像出典:(C)fotolia.com)

9月から10月にかけ、各酒蔵は今年の手初めとなる「ひやおろし」のリリースを一斉に始めます。

火入れをしていないお酒は鮮度が命!是非蔵元に足を運んで旬の地酒を味わって欲しいと思います。

pagetop