グラスワインと葡萄

名門ドメーヌの傑作!「アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズ」の魅力と買取相場

ジュヴレ・シャンベルタンの特級畑で栽培されたブドウから、「アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズ」が作られています。土壌の個性や高い品質が評価されるこのワインの価値や市場での価値について、確認してみましょう。

2018.11.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズが高額になる理由

アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズラベルアップ

評価も高く、世界中のワイン愛飲家に愛されている「アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズ」は、市場でもなかなかお目にかかれない希少な一本です。

高値で取引されることも多いのですが、その理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

”最高のワイン”だからこその人気


アルマン・ルソーでは、「ワインの8割はブドウによって決まる」というポリシーのもと、最高のブドウを作ることから始まります。

自らの手で最高のブドウ栽培に取り組み、時間をかけて設備を整え、徹底的な品質管理によって最高のワインが誕生しました。

フランスで権威のあるワイン評論本「ル・メイユール・ヴァン・ド・フランス」では最高の3つ星がつけられ、著名な評論家や愛飲家から入手困難な特別ワインへと成長を遂げました。

”最高のワイン”だからこそ、多くの人が欲する人気が、買取金額を高値にしている理由にもなっているのです。



ブルゴーニュで最も偉大なドメーヌ「アルマン・ルソー」


ブドウの栽培から醸造、熟成、ボトル詰めまでをすべて一貫して行ったアルマン・ルソー。

当時はボトリングはネゴシアンと呼ばれる業者に委託することが主流でしたが、違法なブレンドを防止するために自ら瓶詰も手掛けます。

この革新的な出来事により品質が保証され、高いクオリティのシャンベルタンを提供し続けることに成功しました。



ワイン愛好家も魅了される傑作


ブルゴーニュのグランクリュの畑で栽培されたブドウの90%を除梗し、約20日程かけて発酵と醸しが行われます。

クロ・ド・べーズのみ100%新樽で熟成を重ね、デロワールによって得た個性が存分に発揮された仕上がりになります。

そうして完成した傑作と呼ばれる美酒は、世界中のワイン愛好家を虜にし、多くの称賛を得ました。

アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズを高く売るには

ワインのコルク

需要は世界中からあり、愛飲家の間でも高い人気の「アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズ」。

売るときはいくつかのポイントを押さえておくと、さらに高値がつけられることもあります。事前に確認をしておきましょう。

「アルマン・ルソー」の価値や相場を知ろう


ブルゴーニュを代表するドメーヌ「アルマン・ルソー」が産み出すワインは、原料のブドウ作りから製法までこだわり抜いた、完成度の高い逸品揃いです。

そんなアルマン・ルソーの価値や相場についてご紹介するので、売る際の取引をスムーズにするために確認しておきましょう。



アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズを売る前に買取業者の比較


安心して買取サービスを利用するためには、信頼できる業者選びが欠かせません。

例えば、買取実績があることや、都合に合った取引方法が選べること、相場と査定額がかけ離れていないことなど、初めて買取を利用する方には知っておくべきポイントがあります。

ここでは買取のプロが、業者選びのコツをご紹介しているので、参考にしてみてください。




買取に出す前に確認すべきことは?


お酒の買取を利用する場合、まずは品質が大事です。液漏れや明らかな変質があると査定額に影響することも。

そして、ラベルやパッケージに破損がないか、付属品の箱の有無などもチェックしておきましょう。自己判断が難しいのであれば、まず査定を依頼し、プロの目で鑑定してもらうのがおすすめです。

アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズについて知る

豊作のピノ・ノワール

ジュヴレ・シャンベルタンと言えば、ワイン通ならばアルマン・ルソー抜きには語れません。世界的な評価も高く、多くのワイン愛好家を魅了し続けてきました。

シャンベルタン クロ ド ベーズは、土壌本来の持つ魅力を極限まで引き出す伝統的な製法やワイン造りへの情熱が込められた、価値ある作品です。

ここからは、アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズについて、現在の買取相場を含め深く知っていきましょう。

アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズとは?


シャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、ジュヴレ・シャンベルタン村にあるグランクリュの畑で収穫したブドウから作られています。

柔らかくエレガントな味わいが特徴的で、複雑で繊細なバランス感覚も見事。ブルゴーニュ地方のグランクリュの中でも、特別なデロワールを備えた極上の味わいを発揮しています。



アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズの入手方法


数多くのワイン愛飲家が衝撃を受けた、アルマン・ルソーのシャンベルタン クロ ド ベーズ。

一度は飲んでみたいと思っても、残念ながら酒販店などではあまり目にすることがなく、入手することが困難な銘柄です。

インターネットオークションなどで見かけることもありますが、プレミアム価格で取引されています。



アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズに定価はあるか?


ブルゴーニュワインでもトップクラスの人気を誇るアルマン・ルソーは、需要の高さから、毎回発売すぐに品薄になってしまうほど。

シャンベルタン クロ ド ベーズは中でも特に人気の銘柄のため、市場では中々目にすることができない希少品です。

ヴィンテージにもよりますが、約200,000円以上の価格で売買されていることもあります。



アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズの買取相場


買取相場は商品の保存状態や品質にもよりますが、ストックラボの2018年4月の買取相場では~100,000円前後となっています。

この査定額は、専門の鑑定士による取引実績や市場での価格調査などを踏まえた価格になりますが、市場での価格は常に変動するので、参考価格として把握しておくと良いでしょう。

他にも知っておきたいアルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズのこと

ワイングラス

ジュヴレ・シャンベルタンを代表する偉大なドメーヌ、アルマン・ルソーが送り出すシャンベルタン クロ ド ベーズ。

魅力はその味のみならず、長年培われてきた歴史や伝統製法、ワイン造りの背景なども影響しています。

シャンペルタンを復活させたアルマン・ルソー


ナポレオンがこよなく愛したシャンベルタンとしても知られるシュヴレ・シャンベルタン村。

「シュヴレ・シャンベルタン」の名を冠していればどんなワインでも売れ、悪質な生産者は、中身をまったく別の劣悪なものを詰めて販売する時代もあったほど。

そんなシャンベルタンを復活させたのが「アルマン・ルソー」でした。



真正シャンベルタンと呼ばれて


アルマンルソーが所有する総面積14.2haのうち、約3/4が特級畑です。

クロ・ド・ベーズは、その中でも特に評価が高く、収穫されるブドウからは、柔らかで品があり、女性的な優しい味わいを発揮します。

伝説によると”真正シャンベルタン”と称されていました。

まとめ

世界的にも評価が高く、一度は飲んでみたい特別なワイン「アルマン・ルソー シャンベルタン クロ ド ベーズ」。もし買取を検討しているのなら、高値が期待できる今が売り時です。

あなたへおすすめの記事 こんな記事もおすすめです

pagetop