実ったブドウ

気品溢れる!「シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年」の魅力と買取相場

5大シャトーの中でも最も代表的な存在のシャトー・ラフィット・ロートシルト。中でも2000年のヴィンテージは、各方面から高い称賛を得た当たり年のもので、世界中のファン垂涎モノの極上ワインです。一体どのような価値を持つワインなのでしょうか。

2018.12.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年が高額になる理由

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年ラベルアップ

赤ワインといっても、一般的な赤色のワインを想像すると注いだときのインパクトは強烈です。光を通さないほど深く紫に近い色味の「シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年」。

評論家やワイン愛飲家から高い支持を集め、相場が高騰している理由はどのようなものがあるのでしょうか。

当たり年2000年だからこその価格高騰!


2000年は、ボルドー地区全域が天候に恵まれたことから、品種を問わず、最高の出来のブドウが収穫されます。

ミレニアムを冠した数多くのヴィンテージが高い評価を得て、無名なシャトーからも多くの銘酒が誕生するなど「史上最高のヴィンテージ」と呼ばれた当たり年です。

シャトー・ラフィット・ロートシルトが作り出した2000年ヴィンテージも、極上で最高の称賛を得た、特別な一本となりました。



ワイン評論家も絶賛した2000年


著名な評論家であるロバート・パーカー氏の品評では、「ボルドーが享受してきた最も偉大なヴィンテージからの心動かされる作品である」と称され、最高得点の100点がつけられました。

特徴でもあるしっかりとした果実味や凝縮感、長く続く余韻など、飲む者を唸らせる魅力にあふれた美酒です。

ワイン評論家も絶賛したその味を求め、高い需要を誇っているため、買取相場も高騰しています。



”破格”と称されるほどのブドウの作柄だった


2000年は、メドックで収穫されたブドウの質が飛びぬけて良かったため、この年のブドウを使って作られたワインの多くが高い評価を得て、人気を集めました。

そんな上質なブドウで造られた「シャトー・ラフィット・ロートシルト2000年」は、しっかりした味わいと長期熟成に耐えられる力強さを備えています。

熟成を重ねるにつれて、繊細さや優雅さに磨きがかかり、今後約30年間が飲み頃を迎えると言われています。だからこそ、今が売り時のチャンスとも!

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年を高く売るには

実ったブドウ

希少かつ需要も高いワインのため、買取サービスの利用を検討している方はまさに今が売り時ともいえます。

ですが、せっかくのプレミアムワイン。売るのならより高値が付くポイントを知っておくとお得な取引へとつながります。

「シャトー・ラフィット・ロートシルト」の価値や相場を知ろう


ボルドー五大シャトーの筆頭とも呼ばれる「シャトー・ラフィット・ロートシルト」ですが、ワイン通なら知らない人はいないほどの特別な存在です。

どのような価値があるのか、買取相場はどのくらいなのかなどについてご紹介しているので、売る前に「シャトー・ラフィット・ロートシルト」全体の市場での価値をチェックしてみてください。



シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年を売る前に買取業者の比較


もし、ご自宅に「シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年」を保管していて、売ることを検討しているのであれば、信頼できる業者選びが不可欠です。

何を基準に選ぶと良いのか、買取のプロが教える業者選びのコツをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。



買取に出す前に確認すべきことは?


まず、商品の状態を確認しましょう。コルクが破損していたり、液漏れしてしまった場合、買取ができない場合もあります。

また、ラベルの汚れや箱などの付属品の有無も査定額に影響します。

もし判断が付かなければ、プロの鑑定士だけでもしてみると良いでしょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年について知る


最高級ワインとして知られる「シャトー・ラフィット・ロートシルト」の2000年ヴィンテージ。
当たり年のため、その品質は最高級の出来となり、多くのワイン愛好家の注目の的になります。

そんな特別なワインについて、気になる買取相場も含め、より詳しく見ていきましょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年とは?


ボルドーを代表する、第一級格付けシャトーの中でも歴史や格式、富や名声など、筆頭的な存在のラフィット・ロートシルト。

2000年ヴィンテージは、破格の出来を誇るブドウを原料に誕生した極上のワインです。カベルネ・ソーヴィニョン93%・メルロー7%を使用。

その飲みごたえは、多くの著名なワイン評論家やセレブリティを虜にした力強さと純粋さを兼ね備えた味わいに。



シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年の入手方法


酒販店や市場などで目にすることが少ない希少で高価な一本のため入手は容易ではありません。

しかし、インターネットオークションや、ネットショップなどでごく稀に取り扱っていることもあります。

インターネットを利用してみると、タイミングが良ければ入手できるかもしれません。



シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年に定価はあるか?


「王のワイン」とも呼ばれ、貴族や上流階級に愛されたシャトー・ラフィット・ロートシルト。

滅多に市場でも流通しない希少価値があるため、プレミアム価格で取引されており、約20万円程で売買されていることもあります。



シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年の買取相場


ストックラボでは、専門の鑑定士がこれまでの買取実績や市場価格を調査し、買取相場を算出しています。

シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年の2018年5月時点での買取相場は~150,000円前後となっています。

品質や保存状態によって価格は変動しますので、あくまで参考として把握しておくと良いでしょう。

他にも知っておきたいシャトー・ラフィット 2000年のこと

ワイングラスとコルク

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、5大シャトーの中では最も繊細でエレガントであり、高貴で気品あふれるワインです。

数あるヴィンテージでも、2000年は当たり年とも呼ばれ、収穫されたブドウの質がとても良かったことでも注目を集めました。

そんな特別なワインが作られた背景をご紹介します。

土壌から培われる個性


シャトー・ラフィットは、圧倒的なエレガンスと繊細で複雑な風味が魅力。

カベルネソーヴィニヨンやメルロ、カベルネフラン、プティ・ヴェルドを栽培する178haの畑は、石灰質の下層に風積土や細かな砂利が混ざった土壌です。

化学肥料はほぼ使用せず、手摘みされたブドウを区画ごとに発酵するなど、こだわりの製法。



希少で熟成の早いハーフボトル


シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年には、375mlのハーフボトルも存在します。高い称賛を得て人気を集めた偉大なヴィンテージは相当な人気に。

ハーフボトルは若干熟成スピードも速く、フルボトルよりも割安で販売されていたため評判の一本だったと言われています。

まとめ

「シャトー・ラフィット・ロートシルト 2000年」を売りたいと検討しているのであれば、まずは査定に出してみてはいかがでしょうか。

あなたへおすすめの記事 こんな記事もおすすめです

pagetop