ワイングラス

伝説のシンデレラワイン!「シャトー・ル・パン 1990年」の魅力と買取相場

ボルドーワインファンのあいだで知らない人はいないと言われるル・パン。今回は、ヴィンテージの中でも高額な1990年ものについて深堀りしていく。「シャトー・ル・パン 1990年」の市場価値や買取相場など、様々な角度からその魅力に迫っていこう。

2018.12.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

シャトー・ル・パン 1990年が高額になる理由

シャトー・ル・パンのキャップ

多くの信奉者がいることで有名な、フランスのボルドー地方 ポムロールで造られている「シャトー・ル・パン」。

その中でも特に入手が難しく、近頃より市場価格が高騰しているのが、1990年のヴィンテージである。

なぜ「シャトー・ル・パン 1990年」は、高値で取引されているのか?その理由を解説していこう。

ワイン評論家も高評価のシャトー・ル・パン1900年


世界中のワイン市場に多大な影響力を持つ、評論家のロバート・パーカー氏。彼が自著の中で「このワインの右に出るものはない」と絶賛したワインが、このシャトー・ル・パンだ。

また、中でも1990年のシャトー・ル・パンは「私の味覚にとっては、これまでにつくられた2つの最上のル・パンのうちの1つだ。」とも語っている。

彼が絶賛したことで、より一層人気に火がつき、“シンデレラワイン”と称されることとなったのである。



飲み頃の旬を迎えさらに需要が増加


シャトー・ル・パンは、ヴィンテージで25~30年以上は持つ力のあるワインだといわれているため、まさに今が飲み頃なのだ。

さらに1990年はブドウの当たり年ということもあり、この年に造られたシャトー・ル・パンは需要が高く、価値が上がっているのである。



少量生産のため希少性が高く入手困難


シャトー・ル・パンに使用されるメルローの畑は、わずか2ヘクタールほどしかない。さらにブドウの質を高めるために、徹底して収穫量を制限しているのである。

またこのワインは、乳酸菌の力で発酵するマロラクティック発酵という製法を使っていることも特徴の1つ。

この製法は非常に手間暇が掛かることもあり、年間の生産本数が1万本にも満たず、大変希少性が高く、入手困難なワインとなっている。

シャトー・ル・パン 1990年を高く売るには

ポムロールの風景

「シャトー・ル・パン 1990年」の希少性と需要の高さはお分かりいただけただろうか?飲み頃の旬を迎え、ファンからの需要が高まっている今が売り時だともいえるのである。

では、ここからは買取に出す際の、より具体的な注意点などを紹介していこう。

「シャトー・ル・パン 1990年」の価値や相場を知ろう


ちょうど飲み頃を迎え、さらに需要が高まっていることで一層価値が上がっている「シャトー・ル・パン 1990年」。

徹底した管理のもとこだわりの製法で造られているため、極わずかな量しか生産できず、そのため入手困難となっている伝説のボルドーワインだ。

他の年代も人気が高いシャトー・ル・パンの、売る前に押さえておきたいポイントを下記リンクにてチェックしておこう。



シャトー・ル・パン 1990年を売る前に買取業者の比較


現在、世界中のボルドーワイン愛好家から求められている「シャトー・ル・パン 1990年」。そんな貴重な品を売るときは、必ずワインに精通した認定士のいる業者を選ぶべきである。

高額での買取が期待できる品だからこそ、しっかりとその価値の分かる酒買取の専門業者を選ぶことが重要だ。

たくさんある業者の中から最適な業者を見極めるため、買取を検討している方はぜひ下記リンクを一読しておいてほしい。



買取に出す前に確認すべきことは?


まず確認してほしいのが開封状態。ワインはボトルに詰められたあとも熟成が進む醸造酒なので、温度と湿度の影響をとても受けやすい。そのため、保存状態についてもしっかりと確認しよう。

さらに傷や汚れ、ラベル剥がれなどがないか細かい部分にも注意を払い、より高く買い取ってもらえるように気をつけよう。また、購入時に付属されていた小物などがあれば、より高値が期待できるはずだ。

シャトー・ル・パン 1990年について知る

シャトー・ル・パン 1990年のボトル

ボルドーワインファンのあいだで高い人気を得ている「シャトー・ル・パン 1990年」。

ここからは、より詳しい入手方法や買取相場についても紹介していこう。ル・パンの中でも高評価を得ている1990年ヴィンテージの魅力を、さらに深堀りしていこう。

シャトー・ル・パン 1990年とは?


シャトー・ル・パンは、フランスのボルドー地方ポムロールで誕生した、愛好家のあいだで知らない人はいないほど有名なワイン。

有名なワイン評論家であるロバート・パーカー氏が絶賛したことで人気を博し、“シンデレラワイン”と呼ばれた逸品がこの「シャトー・ル・パン 1990年」である。

小さな畑から収穫されるため、生産量は非常に少なく、特にブドウの当たり年といわれる1990年のものは入手困難を極めるファン垂涎の品なのだ。



シャトー・ル・パン 1990年の入手方法


飲み頃の旬を迎えたことで、近頃より一層の注目を集めている「シャトー・ル・パン 1990年」。

生産量が少なく希少性が高いため、ワインショップやネットショップ等でもなかなかお目にかかれないだろう。

また、人気が高いル・パンはフェイク品も多く出回っているのが実状だ。購入時には注意して見極めてほしい。



シャトー・ル・パン 1990年に定価はあるか?


「シャトー・ル・パン 1990年」には、定価はないと断言して良いだろう。入手には困難を極める人気な品である上に、旬の時期を迎え、取引される価格もさらに高騰している。

中でも有名な評論家から高い評価を得ている1990年のヴィンテージ。その素晴らしい味わいを体験したいと願う世界中のワイン愛好家がこぞって求め、値上がりも大きな盛り上がりを見せているのだ。



シャトー・ル・パン 1990年の買取相場


多くの買取サイトで高値の表記をされている「シャトー・ル・パン 1990年」。

酒買取の専門業者であるストックラボのプロの鑑定士が算出した買取相場は、およそ~220,000円前後(※2018年2月現在)だ。

特に飲み頃といわれているここ数年間は、ファンからの需要が非常に高い。そのため、買取相場もさらに値が上がることが予想できる。

今手元にある方は、このチャンスを逃さぬよう注意して情報を追っていこう。

他にも知っておきたいシャトー・ル・パン 1990年のこと

ワインとパスタ

ボルドーで最も高価なワインの一つといわれ、多くのワイン評論家や愛好家たちから支持されているシャトー・ル・パン。

ここまで、様々な角度から1990年ヴィンテージについて深掘りしてきた。最後に、このワインの最大の魅力である味わいとおすすめの飲み方を紹介していこう。

「シャトー・ル・パン 1990年」のおすすめの飲み方


一生に一度は飲んでみたいシャトー・ル・パン。飲み頃を迎えた1990年ヴィンテージと運良く出会えた際には、ぜひ最高の状態で味わいたいものだ。

そこで最後は、飲む際に気を付けたいポイントや、合わせて食べたい料理なども紹介しよう。


芳醇な香りを堪能するための最適な温度


メルロー100%から造られるシャトー・ル・パン。1990年ヴィンテージは、スモーキーでエキゾティックな香りが強く、コクのある味わいを特徴とするゴージャスなワインに仕上がっている。

その芳醇な香りを存分に発揮させるため、冷蔵保存し17℃ほどで飲むのが最適だといわれています。


合わせる料理にもこだわりを


メルローの最高傑作と称される「シャトー・ル・パン 1990年」は、グリルしたビーフや、赤ワインソースで調理したチキンやターキーなどの肉類との相性が最高だ。

また、このワインのスモーキーな香りに、くせのある白カビチーズが格別に合う。ぜひ料理にもこだわって、至福の時間を楽しんでほしい。

まとめ

飲み頃を迎え、現在最も注目を集める「シャトー・ル・パン 1990年」。価値が高騰している今だからこそ、ぜひ売り時を逃さないよう動向を追いかけよう。

あなたへおすすめの記事 こんな記事もおすすめです

pagetop