1.サントリーウイスキー白州について

白州12年を持つ鑑定士

響や山崎、知多など、いくつかの種類がサントリーには、存在している。その中でも、新緑を思わせる爽やかな風味を醸す、最高峰のウイスキーが「白州」だ。しかし、サントリーウイスキー白州とは何なのだろうか。まず、サントリーウイスキー白州とは何か、について考えていこう。

「白州」とはどんなウイスキーなのか

白州とは何か。白州はサントリーが山梨県白州で造る「シングルモルトウイスキー」だ。白州蒸留所という場所で造られていることからも、その味わいは新緑を思わせる爽やかさ、とも言われている。

グリーンのボトルが爽やかさを連想させ、ノンエイジ、熟成年数表記ボトルまで種類も豊富にある。

白州の歴史を知っておこう

白州が誕生したのは、1973年。山崎蒸留所とは異なる、新しいタイプのモルトウイスキーを探し求め、山梨県白州に辿りつく。

柔らかく、ミネラル分も豊富に含む地下天然水は原酒に最適だと判断し、この地に工場が造られた。12、18年などを主体に、今も尚名品を生み出している。

白州蒸留所についてを知る

白州蒸留所は、山梨県北杜市白州町にある。周辺を新緑に囲まれた、美しい景観が魅力だ。1973年に山崎蒸留所に次ぐ2番目の工場として建設され、一部は見学コースとして開放されている。

2010年にはグレーンウイスキーの工場設備を整えるなど、進化を続ける蒸留所のひとつだ。

白州の味わいの特徴とは?

白州の魅力は、その軽やかさと爽やかさ。重厚感、渋みなどは感じられないものの、奥行きがしっかりとしている、洗練されたウイスキーとして人気だ。

また、森香るウイスキーというコピーで知られているように、樽使い、ブレンドが独特であり、森を感じるフレーバーも魅力とされている。

2.ジャパニーズウイスキー白州の買取相場

ジャパニーズウイスキー白州について、多少なりとも理解できたところで、次に注目すべきはその買取相場価格。買取市場でも常に注目されているアイテムだが、一体どの程度の価格となっているのか、ここで紹介していこう。

白州の買取相場についてを知る

白州をはじめ、今は前述した通りジャパニーズウイスキーに注目が集まっている。世界的にも有名なコンクールで賞を獲得しているため、国内のみならず、世界中から熱い視線を浴びているのだ。しかし、原酒が限りなく減ってきてしまい、生産量を上げたくとも上げれない状況に追い込まれている。

そのため、今はスーパーマーケットでも手軽に手に入らないほどの人気ぶりなのだ。一体そんな白州はどの程度の買取価格相場なのか。経験豊富なストックラボ鑑定士が導き出した相場を確認してみよう。

【白州 買取相場】

  • ●白州18年
    ~60,000円前後
  • ●白州25年
    ~430,000円前後
  • ●白州12年
    ~21,000円前後
  • ●白州 シェリーカスクシリーズ
    ~140,000円前後
  • ●白州 シングルモルト ノンヴィンテージ
    ~6,000円前後

(※2021年5月現在)

 

白州 高価買取の詳細はこちら>>

 

白州の最高価格を知っておく

白州の買取に関しては、各社非常に高い査定額を出している。特に、サントリー白州25年700mlに関しては、40万円を超える価格を提示してくれる場所もあるのだ。

サントリー白州25年は比較的安定して高値となっている。もちろん品質や管理状態にもよるが、各ヴィンテージ共に品薄が続き、価格上昇がみられ注目の銘柄となっている。

3.白州の買取価格が高額になる理由

高額理由を掲げる女性

一般的に、今の時代ウイスキーは高価買取になりやすい。とはいえ、その商品によっては買取価格にも幅があり、想像以上に高額になるものもあれば、そうでないものもある。

一体、白州が高価買取相場となるのは何故なのだろうか。3つ目のポイントでは、白州の買取価格が高額になる理由を紹介していこう。

白州蒸留所でのこだわりの製法

白州は、山梨県の白州にある白州蒸留所で造られている。徹底した品質管理、最高級の原料を使用しているのは当然として、ほかには無いこだわりがある。それが、多彩な原酒の造り分けだ。

ホワイトオーク、シェリー樽、スモーキーな樽など、さまざまな樽が用意されている。さらに、木桶発酵槽を使用していたり、豊富な種類の蒸溜釜を使い分ける技術力の高さを持っている。ほかには無い、個性溢れる製法を貫き続けるウイスキーが、白州なのだ。

世界からも高評価であること

既に、何回か紹介しているが、白州の買取価格が高騰するのは世界的に数多くの名誉ある賞を獲得している、ということにある。

「IWSC2011 金賞受賞(※1)」、「ISC2010 金賞受賞(※2)」、「SWSC2011 最優秀金賞受賞(※3)」など、酒好きであれば知らぬものはいない、最高の栄誉を何度も獲得しているのだ。

当然、世界的にその名が露出することで需要が高まり、入手困難になっていくため高騰してしまうのだ。

※1:IWSCとは…イギリスで開催されるワインやウイスキー、スピリッツなどの酒類を対象に審査する協議会。世界の酒類の品質向上や市場の拡大に寄与することを目的に設立された。インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(International Wine and Spirit Competition)の略。

※2:ISCとは…最高の権威があり、影響力を強く保持していることから、敬意を集めている世界でも歴史のある蒸留酒のコンペティション。インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(International Spirits Challenge)の略。

※3:SWSCとは…米国最大の世界的な酒類コンペティション。米国のホテルやレストラン、バイヤーやジャーナリストらによる審査をする。サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SWSC)の略。

ハイボール人気も理由のひとつ

ウイスキーブームの背景には、ハイボールブームもある。カジュアルながらアルコール度数も高く、高貴でフレッシュな味わいを楽しめると、老若男女問わず大人気だ。

カジュアルなウイスキーだけではなく、高級ウイスキーを使用したハイボールも多くあり、店舗によっては「白州ハイボール」が展開されている。

こういった、ハイボールから手軽に名を知る人が増え、需要が増えていったということも関係しているだろう。

 

白州 高価買取の詳細はこちら>>

 

4.白州の相場高騰中の年代TOP5

並ぶ白州12年とシェリーカスクのボトル

サントリーウイスキー白州、と一言で言っても、実はその年代は多数存在している。12年、18年、25年など、それぞれに個性があり希少価値が高いとされ大人気だ。相場が高騰している白州だが、その年代をランキング形式で知っておこう。

1位:フレーバー楽しむ「白州18年」

白州18年ラベルアップ体

「白州18年」は、数多くのフレーバーを楽しめる、白州らしさを感じられるウイスキーだ。シェリー樽のものやホワイトオークなど、数多くの個性的な原酒を伝説のブレンダーが絶妙に組み合わせた、香りの交響曲を楽しめる。

アルコールの刺々しい感じが無く、すっきりと飲めるので初心者にもおすすめだ。

2位:贅沢極まる、極上の1本「白州25年」

白州25年 ボトル全体箱

数多くのコンクールで金賞を受賞している、実力派ウイスキーが「白州25年」。酒齢25年以上という希少なホワイトオーク、そしてヘビーピート、シェリー樽原酒を使用しており、それからさらに熟成させるという、贅沢極まりない造りが魅力だ。

その味わいは、深淵でありながらも、フレッシュさが残る、まさに奇跡の味わいと言えるだろう。

3位:スタンダードだからこそ人気「白州12年」

白州12年 ボトル全体

SWSC2011 最優秀金賞受賞など、数多くの輝かしい功績を残す白州定番の1本、「白州12年」。酒齢12年以上のホワイトオーク、リフィル樽原酒が使用されており、シンプルでありながらも奥行きのある、個性的な味わいが楽しめる。

原酒不足となっているのか、簡単に酒販店で手に入りにくくなっており、近年高騰している。

4位:シェリー薫る「白州シェリーカスクシリーズ」

白州シェリーカスクシリーズと箱

2012年に発売された、希少価値の高い「白州シェリーカスクシリーズ」。スパニッシュオークという、シェリー樽を使用した原酒を使っており、シェリー酒にも通じる華やかで深みのある味わいに仕上がった大人気商品だ。

3,000本程度しか生産されない、レアアイテムとして知られており、価格は高騰中だ。

5位:定番だからこそ人気「白州シングルモルトノンヴィンテージ」

白州シングルモルトノンヴィンテージのラベルアップ

白州の中でも、最も多く流通している「白州シングルモルトノンヴィンテージ」。白州ビギナーにもおすすめの、シルキーかつスムースな洗練された1本だ。ホワイトオークが中心であり、どことなく新緑の風味も楽しめるところが魅力。

原酒不足から、このスタンダード品も入手困難となっており、価格高騰中なのだ。

5.他にもある高く売れる白州の種類とは?

白州12年のボトルを査定する鑑定士

前述した通り、年代問わず白州人気が加熱しており、相場高騰中である。しかし、白州にはより希少価値の高いヴィンテージも存在しているため、マニアとしてはそれも知っておきたいところだろう。

ここでは、相場高騰中のランキング以外にもある、売れている白州の種類について紹介していく。

希少なヴィンテージモルトとは?

白州には、数多くのヴィンテージが存在する。1990年代、2000年代とどれも素晴らしい品質のものばかりだが、やはり希少価値が高いものとなれば、1980年代のモルトになるかもしれない。

特に、1988年ものとなるとそのラベルもクラシカルであり、色合いも美しい琥珀色に仕上がっており、価格も高騰している。ちなみに、1986年ものでシェリー樽からのホワイトオーク熟成、というユニークなものもある。

当然、原酒自体が少なく、販売数も少ない年代となれば需要は高まるだろう。

ヘビリーピーテッドモルトHAKUSHU

2009年に発売された、ヘビリーピーテッドモルト「HAKUSHU」。ピートの煙を普通の樽と比較して強烈に当てたヘビリーピーテッド麦芽が使用されている、とにかくスモーキーな風味が感じられるユニークな逸品だ。

4,000本限定でスタートしたこのシリーズだが、その後にも限定で数回出されている。とはいえ、やはり注目はファーストヴィンテージ。白州のほかの種類にはない、独創的な味わいとなっており、数多くのファンを持っている伝説のウイスキーとして知られている。

 

白州 高価買取の詳細はこちら>>

 

6.サントリー「白州」の買取方法

白州12年の俯瞰

白州を売る時に利用できる買取サービス

白州は、店頭に持ち込んでも買取可能だが、宅配、出張などという買取方法を利用しても売ることができる。

ウイスキーボトルは瓶であるため、破損は致命的な欠陥となる。自宅から遠い、時間がない、などそういった人は買取店指定の安全な宅配方法で、宅配買取を選んでもいいかもしれない。

ただし、重要なのは白州の価値が分かる、酒買取専門業者に依頼すること。それだけ、査定価格が大分違ってくるのだ。

7.「白州」を売る前に!買取業者比較をしよう

日本が世界に誇るサントリーウイスキーの中でも、価格が高騰している白州を売るなら、損をせずにしっかりと高価買取を実現したいところだ。

そこで、売る前に注目すべきポイントとなるのが「買取業者の比較」である。

どんな買取業者に売却をすべきなのか、迷っているのであればプロが教えるポイントを把握しておくことをおすすめする。

まとめ

今回は,サントリーウイスキー白州について、そして買取価格相場を紹介した。日本が誇る、個性的なウイスキー白州。これからも、価格高騰は間違いないので、注目し続けよう。

白州買取ページ