好きなら飲んでおきたい高級シャンパン銘柄12選

好きなら飲んでおきたい高級シャンパン銘柄12選

「シャンパン」って、聞くだけで甘美な気持ちにしてくれる不思議な飲み物だと思いませんか?今回は飲んでおきたい、いや是非一度は飲んでほしい!そんな高級シャンパンを12銘柄、厳選しました!

2016.03.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
[非表示]

そもそもシャンパンって…?


シャンパンって聞くだけで、甘美な気持ちにしてくれる不思議な飲み物だと思いませんか?クリスマスや誕生日、スペシャルな日に高級シャンパンでお祝いなんて素敵ですね。

しかし、そもそもシャンパンとは、元々フランスの修道院でワイン造りをしているとき、偶然出来る失敗作とされていたものでした。失敗作と気付かずに輸出し、それを飲んだイギリスの貴族が「このシュワシュワして美味しいワインは何だ!?」と感動して注目を浴びたことから、一躍有名になったシャンパンのがシャンパンなんです。

モエ・エ・シャンドン・インペリアル


基本中の基本と言える世界No1のシェアを誇るシャンパン。料理を作る時、まずはレシピ通りに何度か作ってから、徐々に自分好みの味付けにアレンジしていくとおもいます。それと同じように、シャンパンの味を知りたい人はこのシャンパンを何度もリピして欲しい!

「全てのシャンパンの教科書」とでも言うべき、一番スタンダードなシャンパンです。恐らくシャンパンにあまり詳しくない方でも、このお酒は知っているという人多いのではないでしょうか。

ドン・ペリニヨン ヴィンテージ


こちらもモエ・エ・シャンドン・アンペリアルと同じく、超がつくほど有名なシャンパン銘柄です。一時期ホストブームの煽りを受けて、一躍有名になりましたよね。並行輸入品と正規品、中身はまったく同じですが、日本に輸入されるまでの保管状態が違うので、並行輸入品は味が劣化しているものが多いです。

肝心なドン・ペリニヨンの味わいは、実は非常に辛口で酸味も強いです。しかし高級シャンパン特有の、泡の細かさが素晴らしく、口の中でとても細かく、強く、そして滑らかに弾けます。この泡の感じは感動モノで、他のスパークリングワインなどでは経験できないものでしょう。

ポール・ロジェ ブリュット・レゼルヴ


英国王室やチャーチル元首相に愛されている、格式高いシャンパンです。近年では、ウィリアム王子殿下の結婚式で提供されたシャンパンとしても有名になりました。

2012年版の「メイユール・ヴァン・ド・フランス」では、このポール・ロジェが新たに3ツ星に昇格し、現在もランクをキープしているので、凄いですね。このブリュット・レゼルヴは、格調高い味わいと、気品とエレガンスを兼ね備えた、喜びのシャンパンと言えるでしょう。

ジェニソン・バラドン・ヴァンドヴィル・ロゼNV


なんといってもハートのエチケットがとても可愛い! いつまでもラブラブでいてね、という思いを込めてプレゼントするのにぴったりなシャンパンです。ハートのラベルの中には天使が見え、遊び心を擽るラベルデザインですが、その遊び心とは想像出来ないくらい、中身は超本格派。

イギリスを中心に欧米諸国でジャニソンのロゼ・シャンパンが大人気で、まさに争奪戦の逸品です。生産量の70%は熱狂的ファンのいるヨーロッパ諸国に出回り、残りはほとんどフランス国内で消費されるため、日本ではあまり手に入りませんが、ラベルの愛らしさの期待を裏切らないすばらしい味わいのロゼ・シャンパンです。

フィーヌ・フルール・ド・ブジー グラン・クリュ


超希少で、作柄の良い年のみに限定(わずか400ケースのみ)生産される超入手困難のシャンパン。ジャンパン愛好家垂涎の逸品として有名です。またラベルもとてもオシャレで、深いグリーンボトルに、シャンパーニュ地方のシンボルの花である白いマーガレットが綺麗にデザイニングされています。

美しい花柄の瓶、グランクリュブジー産と聞いただけで欲しくなってしまうシャンパンですが、肝心の味わいも素晴らしいのです。鮮度感、ドライ感、発泡のキレもとてもよく、どちらかというと、辛口のどのような食事にもあわせやすいタイプでしょうか。

クリュッグ・グラン・キュヴェ


こちらのグランド・キュヴェはクリュッグの味とスタイルを代表するシャンパン。クリュッグは世界の最高峰として広く認められているだけではなく、世界中のシャンパン・ファンの憧れの的で、この上ない名声を博しています。見た目だけでなく、味わいもフルーティーな甘味と酸味のバランスが良くて、とても爽やかで美味しいです。

豊かさと爽やかさ、力強さとフィネスの見事なコントラストは、他に類をみない独特な味わいが特徴で、クリュッググランド・キュヴェ、クリュッグ ロゼ、クリュッグ ヴィンテージ、クリュッグ コレクション、クリュッグ クロ・デュ・メニル、クリュッグ クロ・ダンボネと言った同シリーズの、並外れた6つのシャンパンは、新たな出会いもたらしてくれる最高級のシャンパンです。

ペリエ・ジュエ ベル・エポック・ブラン


ワイン好きにはたまらない、ヴィクトリア女王、ナポレオン三世、グレース・ケリーをはじめとする、世界中のセレブリティが愛するシャンパン。「描かれていた白いアネモネの花が、シャルドネの持つ繊細さを見事に表現している」という印象をうけたセラーマスターはそのイメージを崩さないようにスペシャルキュベを醸造し、5年の熟成を経て、1969年に完成させました。

アンリ・ガリスとガレが生きた時代の名をつけたこのシャンパンは、繊細でエレガントな味わいと、優美で気品あるボトルデザインが一世を風靡し、「フルール・ド・シャンパーニュ(シャンパンの華)」と称されるプレミアムシャンパンとなったのです。特別なお祝いにピッタリなシャンパンですが、一度自分飲み用としても味わってみたい逸品ですね。


アルマン・ド・ブリニャック


次はクラシックにして、モダン&ゴージャスなシャンパンを紹介します。一度目にしたら忘れない、ド派手なゴールドとスペードのエースのボトルデザインが目に焼き付きますが、中身もラベルに引けを取らないくらいゴージャスの、最上級というに相応しいシャンパンです。

近年では、世界で唯一の国際的シャンパン刊行物「ファイン・シャンパーニュ・マガジン」において、2009年度ランキング・ベスト100で、1000種類以上のシャンパンの中から、世界No1に選ばれました。シャンパンの味はもちろんですが、ボトルデザインも素晴らしいものが多いので、気に入った空きボトルは、綺麗に洗って乾かした後、部屋のオブジェとして飾ってもオシャレですよね。

シャンパンの魅力を知る!王道4銘柄


普段シャンパンを飲まない人でも、是非知っておいて欲しい銘柄をご紹介します。もちろんこれから美味しいシャンパンを開拓していくぞ〜と思っている方は、これら銘柄を飲まずしてシャンパンの魅力を語ることなかれ!と揶揄されるくらいの王道銘柄なので、是非試して欲しいですね。

サロン


シャンパン好きにはたまらない逸品で、シャンパン好きが最後に行き着く処とでも言いますか。これはけして大袈裟な表現ではありません。こだわり抜かれた製法から、ぶどうの出来によっては製造しない年もあり、また製造しても生産量が極めて少ない為「幻のシャンパン」としても有名です。

希少性があり価格の高い高級シャンパンですが、他のシャンパンにはない風味や香りを楽しむことができるので、是非いや絶対一度は飲んで欲しいです!


ルイ・ロデレール クリスタル


「一見百聞に聞かず」ではありませんが、シャンパンを好きになったなら、まず飲んでください。「一度飲むとシャンパンの価値が変わる」とシャンパン愛好家を唸らせる、ルイ・ロデレールクリスタルが醸す味わいは他のシャンパンと比べて格別で、プレステージ・シャンパンとして一押しの、非常に人気のあるシャンパンです。


ヴーヴクリコ イエローラベル


ヴーヴ・クリコ・イエローラベルは年産900万本超を誇る、有名なシャンパン。2世紀以上も前から、人生の彩りと共にある歴史の長いシャンパンです。シャンパンは今でこそ透明で美しい輝きを放つ液体ですが、19世紀初めまでは澱が混ざり濁っていたシャンパンでした。

それを今日のような飲み物にしたのは、ヴーヴ クリコ社の功績が大きかったりするんですよ。そのヴーヴ クリコ社が誇る代表的なシャンパンが、このヴーヴクリコイエローラベルであり、ヴーヴクリコ社の持ち味、スタイルを見事に表現している逸品と言えるでしょう。

ローランペリエ アレクサンドラ ロゼ


ロゼ最高峰と誰もが認める、ローランペリエ アレクサンドラ ロゼ。このシャンパンは故ベルナール・ド・ノナンクールが、娘の結婚式に初めて披露したという、父の想いが込められた特別なシャンパンとしても有名なんですよ。

ローラン・ペリエ社はセニエのロゼにこだわる数少ないメゾンであり、アレクサンドラ ロゼはピノ・ノワールに少量のシャルドネを加えて、一緒にマセラシオンするという手間のかかる手法で造られています。英国王室御用達としても知られといる、世界のVIPが愛する、最高級シャンパンです!

最後に…

今回挙げた銘柄のシャンパンは一生のうちに一度は飲んでみたいものですね。どれも高級シャンパンと呼ばれるに相応しい一流品です。

pagetop